財団法人健康普及会

    ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

    活動内容

    平成27年 1月30日 施設訪問の模様


     
    10時00分〜11時10分
    特別養護老人ホーム都筑の里

    【内容】
     「(日舞・新作振付)ファンタジックワールドオブスノー」〜「(歌)君の名は・港が見える丘」〜
     「魅惑のメドレー」〜「(歌)黒い花びら・星は何でも知っている」〜お芝居「昭和片田舎任侠伝」〜
     「(日本舞踊)黒田節」〜フィナーレ「(ダンス)熱風」〜
      〜アンコール「(歌)東京ラプソディー」、
     「(歌)上を向いて歩こう」、「(歌)憧れのハワイ航路」

    【参加人数】45名

    【反応1】
     施設に到着致しますと、舞台としていただける会場には紅白幕が張り巡らされており、とても華やかでお目出度い雰囲気に包まれておりました。紅白幕は、ショーをご覧になられるご入居者の皆様が華やかな気持ちに浸れることとの職員の皆様の配慮からで、ご利用者の方々を思われる優しさにも感激した次第でした。

    【反応2】
     音響調整が終わる頃には、会場のお席は続々とお集まりになったご利用者の方々でぎっしりと埋まり、開演をお待ちになられる皆様の笑顔がまぶしく感じられる程でした。皆様が退屈な思いをされては申し訳ないと、開演前に一人娘役を登場させ、「浜辺の歌」「月がとっても青いから」を歌わせていただきましたが、ご利用者の方々もお歌にご参加され、大合唱となりました。

    【反応3】
     ショーは、皆様の拍手と笑顔の中で開演致しました。あまりの熱気に会場の室温が上昇していくのが感じられる程で、演目の至る箇所で「綺麗ね」「素晴らしい」とのお褒めのお声がかかりました。エンディングダンスでは、会場から自然に手拍子が起こり、アンコールでは「えっ、もう終わり?」との声があり、皆様が熱心にご覧になられたあまり、1時間のショーでしたが、時間の経つのを忘れられたようでした。

    【反応4】
     終演後、楽屋の片付けをしている際にも、別れを惜しんでご利用者の方々が代わる代わるいらっしゃりお声をかけてくださいました。施設を後にする際には、お身体が不自由とお見受けする寝たタイプの、車椅子のご利用者様が職員の方に付き添っていただき玄関までお見送りくださり、感激でございました。

     
       
       
         
     
    14時30分〜15時45分
    特別養護老人ホームハマノ愛生園

    【内容】
     「(日舞・新作振付)ファンタジックワールドオブスノー」〜「(歌)君の名は・港が見える丘」〜
     「魅惑のメドレー」〜「(歌)黒い花びら・星は何でも知っている」〜お芝居「昭和片田舎任侠伝」〜
     「(日本舞踊)黒田節」〜フィナーレ「(ダンス)熱風」〜
      〜アンコール「(歌)東京ラプソディー」、
     「(歌)上を向いて歩こう」、「(歌)憧れのハワイ航路」

    【参加人数】90名位   【年齢層】70歳代〜100歳代

    【反応1】
     こちらの施設様では、玄関ロビーを会場として使用させていただきました。施設内には呼華来訪を告知するポスターが貼られており、その告知で呼華の訪問をお楽しみ下さっていたというご利用者の方がお声を掛けてくださいました。「本当にこんなところに、こんな素敵な方々が来るなんて夢の様です。お友達と一緒に前の席でみます。」とお話下さいました。

    【反応2】
     音響調整が始まりますと、懐かしい曲につられる様にご利用者の方がお見えになり、音響調整が終わる頃には会場のお席は満席となってしまいました。幸い、音響調整はスムーズに終了致しましたが、車椅子の方が多く急遽ステージ横に客席を設置する事になりましたので、更に客席を広げるために、スピーカーや照明の位置を変更させていただき、調整をし直して対応させていただきました。

    【反応3】
     開演前に「月がとっても青いから」をご利用者の方々とご一緒に歌わせていただいてからショーがスタート致しました。スターティング演目が終わった後に車椅子の男性のご利用者の方がご来場になられました。始めは会場の外の廊下からご覧になっていらっしゃいましたが、「もっと前で見たい。」と職員の方にご誘導されステージ横の席に移動されました。こちらのご利用者の方は時折目に涙を浮かべながらキャストが前を通る度に手を伸ばして握手を求めて下さり、キャストもそれに応えておりました。港が見える丘やりんごの歌では皆様の歌声が合唱のように響いておりました。お芝居では皆様から笑い声が絶えず、続く黒田節、エンディングダンスも皆様の拍手に応援頂き瞬く間に終演となりました。

    【反応4】
     アンコールで東京ラプソディをお届けさせていただき、歌のサビの部分で貴杏が拳をあげると最後列の男性のご利用者三名がそれに合わせて拳を頭より高く上げてくださいました。上手側最前列のご婦人のご利用者の方はショーの最中はあまり反応が見られ無かったのですが、貴杏が歌いながら握手に伺うと、満面の笑みで「幸せ。」と仰り、貴杏も驚くと共に大変感動させて頂いたと申しておりました。

    【反応5】
     ショーが終わっても、キャストの片付けの様を眺めながら「ありがとう。」「素敵だったわ。」とお声を掛けて下さる方が多く、皆様にお見送りいただきながら施設を後に致しました。

     
       
       
         

    戻る

    • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
    • 石田純一 未来への貯金
    • 事業内容
    • 活動報告
    • 賛助会員募集

    おすすめリンク

    • 劇団呼華
    • ノブレス オブリージュ