財団法人健康普及会

    ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

    活動内容

    平成27年 2月28日 施設訪問の模様


     
    10時00分〜11時10分
    特別養護老人ホーム三山園

    【内容】
     「(日舞・新作振付)ファンタジックワールドオブスノー」〜「(歌)君の名は・港が見える丘」〜
     「魅惑のメドレー」〜「(歌)黒い花びら・星は何でも知っている」〜お芝居「昭和片田舎任侠伝」〜
     「(日本舞踊)黒田節」〜フィナーレ「(ダンス)熱風」〜
      〜アンコール「(歌)東京ラプソディー」、
     「(歌)上を向いて歩こう」、「(歌)憧れのハワイ航路」

    【参加人数】60名

    【反応1】
     施設に到着致しますと、”歓迎呼華”の看板が会場入口に掲げられておりました。ご利用者の方が施設様のレクリエーションで作って下さったとの事でキャスト一同大変感激した次第でございました。

    【反応2】
     会場致しますと、前の方のお席から続々と埋まっていきました。歓迎の看板を作って下さったという女性のご利用者の方が下手側最前列にお座りになり「こういった華やかなものは大好きだから、今日は楽しみにしていました。」とお話くださいました。こちらの施設の皆様はお歌がとてもお好きなご様子で開演前のBGMとして流しております懐かしいお歌を口ずさまれながら開演をお待ちいただいておりましたので、急遽キャストが「青い山脈」と「浜辺の歌」を皆様と歌わせていただきました。

    【反応3】
     そのような皆様でございましたので、ショーは最初の演目から大変盛り上がり、娘役のお歌の演目では合唱のように皆様のお声が会場に響きました。上手側二列目の男性のご利用者の方はご自身のカメラを構えて写真を取って下さり、キャストもポーズを少しだけ長く止まるなど、シャッターチャンスを作れる様、撮影に答えておりました。貴杏が男役で登場すると、会場からは大きな拍手が起こり、星は何でも知っているのお歌では、貴杏がご利用者の方にマイクを向け一緒に歌うという一幕もございました。続くお芝居も皆様の笑い声が絶えず、黒田節、エンディングダンスまで皆様の拍手に応援いただき瞬く間に終演となりました。

    【反応4】
     終演後の握手タイムでは、「こんなに素晴らしいものが見られるとは思っていなかった。昔日本舞踊やっていたから黒田節がとても懐かしかったわ。」「越路吹雪さんの大ファンだったの。今日はあなたに惚れちゃったわ。」などと様々なお声をかけて頂きました。多くのご利用者の方に玄関先までお見送りいただき、施設を後にいたしました。

     
       
       
         
     
    14時30分〜15時45分
    特別養護老人ホーム朋松苑

    【内容】
     「(日舞・新作振付)ファンタジックワールドオブスノー」〜「(歌)君の名は・港が見える丘」〜
     「魅惑のメドレー」〜「(歌)黒い花びら・星は何でも知っている」〜お芝居「昭和片田舎任侠伝」〜
     「(日本舞踊)黒田節」〜フィナーレ「(ダンス)熱風」〜
      〜アンコール「(歌)東京ラプソディー」、
     「(歌)上を向いて歩こう」、「(歌)憧れのハワイ航路」

    【参加人数】50名位   【年齢層】70歳代〜100歳代

    【反応1】
     施設に到着いたしますと、会場となる食堂にはご夫婦のご利用者の方々が新聞を読んでいらっしゃいました。一言お断りをしてからテーブル移動を行い、椅子を並べ始めましたところ、先述のご夫婦の旦那様が奥様の車椅子を動かされて最前列に着かれました。そのような中で音響調整を進めておりますと、「どういう歌が出てくるの?私は歌が大好きなの」と奥様が笑顔で話かけてくださいました。「懐かしいお歌がたくさん出て参りますよ」とお答えしましたら「私は美空ひばりが大好きなの。美空ひばりの歌はあるかしら」と仰られたので、今回は美空ひばりの歌がプログラムに無い事をおわびし代わりに貴杏が音響調整のマイクでアカペラで「悲しい酒」を歌いましたところ、こちらのご利用者の方は開演前から涙を流されて拍手を送ってくださいました。

    【反応2】
     ショーが始まりますと、前述のご夫婦のご利用者の方が真っ先に拍手を送ってくださいました。他の誰よりも早く拍手を送ってくださいますので、まるで拍手のリード役のような感じでした。そして終始優しい笑顔を舞台に向けてくださり、一同心が温かくなるのを覚えました。

    【反応3】
     ショーは、皆様の大きな拍手や歓喜のお声、声援に包まれて推移してゆきました。二列目の端のお席に、車椅子から身を乗り出す様にして、お歌を一生懸命にお歌いになられるご婦人のご利用者の方がいらっしゃいました。終演後の握手タイムでお側に伺った際、このご利用者の方は98歳とお伺いし、大変驚いた次第でした。「今日は(このショーをみて)若がえった。元気をもらいました。次も観れる様に頑張ります」と満面の笑顔で仰られ、こちらが感動をいただきました。

    【反応4】
     施設を後にする際には、寒い中でお部屋の窓を開けて盛んに手を振られて別れを惜しんでくださるご利用者の方の姿がたくさんありました。道の関係で、車を一旦施設から出し、Uターンして施設の前に戻ってもまだ手を振り続けてくださいました。一同感激に胸が熱くなる思いでした。

    【反応5】
     ショーが終わっても、キャストの片付けの様を眺めながら「ありがとう。」「素敵だったわ。」とお声を掛けて下さる方が多く、皆様にお見送りいただきながら施設を後に致しました。

     
       
       
         

    戻る

    • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
    • 石田純一 未来への貯金
    • 事業内容
    • 活動報告
    • 賛助会員募集

    おすすめリンク

    • 劇団呼華
    • ノブレス オブリージュ