財団法人健康普及会

    ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

    活動内容

    平成27年 5月4日 施設訪問の模様


     
    10時00分〜11時10分
    ケアホーム足立

    【内容】
     「(日舞・新作振付)ファンタジックワールドオブスノー」〜「(歌)君の名は・港が見える丘」〜
     「魅惑のメドレー」〜「(歌)黒い花びら・星は何でも知っている」〜お芝居「昭和片田舎任侠伝」〜
     「(日本舞踊)黒田節」〜フィナーレ「(ダンス)熱風」〜
      〜アンコール「(歌)東京ラプソディー」、
     「(歌)上を向いて歩こう」、「(歌)憧れのハワイ航路」

    【参加人数】80名位   【年齢層】70歳代〜100歳代

    【反応1】
     施設到着時にはまだ大勢のご利用者の方がお食事後のお茶を楽しまれていらっしゃいました。キャストが皆様にご挨拶をしながら荷物の搬入をしておりますと、「元気でいいわね。」「楽しみだわ。」とお声をかけてくださいました。男性のご利用者の方が私共の元へいらっしゃり、「俺は華やかのが大好きなんだ。今日は前から掲示を見て楽しみにしていたんだ。」とお話し下さいました。その方はキャストが準備をしている間、他のご利用者の方に、「ショーがあるから見た方がいい。」「荷物を置いたら早めにおいで。」と呼華ショーのお誘いをして下さっていました。

    【反応2】
     開場しますと前述のご利用者の方のおかげもあり、多くのご利用者の方がお早くお集まりくださり、開演30分前にはほとんどのお席が埋まり、会場外の廊下からご覧になる方もいらっしゃる程でした。皆様の退屈しのぎにと、娘役のキャストを2名出し、「浜辺の歌」と「早春賦」をお届け致しました。大変多くのご利用者の方がお歌にご参加くださり、会場の雰囲気は盛り上がったまま開演となりました。

    【反応3】
     スターティング演目から皆様が拍手で応援くださり、ピーナッツメドレーでは会場から皆様の歌声が合唱のように響いておりました。貴杏が男役で登場いたしますと、ご利用者の方が次々と貴杏に握手を求めてステージに手を伸ばし貴杏は曲が終わっても握手に答えておりました。お芝居でお民が振られてしまうという場面では最前列のご入居者の方が「頑張んなさい!」とお声をかけて下さるなど、お芝居の世界に入ってお楽しみいただけたご様子でした。黒田節、エンディングダンスも皆様から大きな拍手を頂き、終演となりました。 握手タイムでは、下手側三列目車椅子の女性のご利用者の方が、「私も黒田節を踊った事があるのよ。あなた達とステージに立ってまた踊りたいと思ったわ。」と涙を流されながらお話し下さいました。開演前より呼華ショーの宣伝をして下さったりと応援下さいました男性のご利用者の方は、「素晴らしかった。君たちをずっと応援するよ。」とプレゼントさせて頂いた呼華のポスターを握りながら仰り、キャストが施設を後にする際も車が見えなくなるまで手を振ってお見送り下さいました。

     
       
       
         
     
    14時00分〜15時05分
    足立翔裕園

    【内容】
     「魅惑のメドレー」〜「(歌)黒い花びら・星は何でも知っている」〜お芝居「昭和片田舎任侠伝」〜
     「(日本舞踊)黒田節」〜フィナーレ「(ダンス)熱風」〜
      〜アンコール「(歌)東京ラプソディー」、
     「(歌)上を向いて歩こう」、「(歌)憧れのハワイ航路」

    【参加人数】130名位   【年齢層】70歳代〜100歳代

    【反応1】
     施設に到着しますと、昼食を終えられたご利用者の方のご誘導が終わられたようで、食堂にはどなたもいらっしゃいませんでした。そこで、直ぐにテーブル移動を開始し、椅子の設置を行い、諸準備を始めました。その準備をしていますと、一人の男性のご利用者の方がいらっしゃり、ご丁寧なご挨拶をいただきました。「施設の掲示に呼華ショーの行事予定が入っていたのでとても楽しみに待っていました」とお言葉をかけてくださいました。

    【反応2】
     音響の調整を行う直前に、ご婦人のご利用者の方がお越しになり、最前列中央に座られました。 他の皆様は開場時間を食堂の外でお待ちになられていましたが。このご利用者の方だけはお入りになられてしまいました。何度か職員様が呼びにいらっしゃり、外に出られるのですがまたしばらくするとお席にお戻りになってしまいます。その後使用曲の調整に入りましたが、どの曲がかかってもこのご利用者の方は反応をお示しになられず、ぼんやりとした表情をされていらっしゃいました。(ショーが開演後、次第に表情に変化がみられ、お芝居に入る頃には涙を流し続けられ、盛んに拍手を送ってくださる様に変化してゆき、役者一同驚くとともに感動をいただきました)

    【反応3】
     ショーは、皆様の大きな拍手や歓喜のお声、声援に包まれて最初の演目から大変な盛り上がりでした。ご利用者の方の人数も多く、開場の熱気の上昇で音響が小さく感じられ、途中からスピーカーの音量を上げる調整に切り替えて対応致しました。施設を後にする際には、お部屋の窓を開けられて盛んに手を振り別れを惜しんでくださるご利用者の方の姿があり、一同お名残惜しい気持ちで車を発進させていただきました。感激でございました。


     
       
       
         

    戻る

    • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
    • 石田純一 未来への貯金
    • 事業内容
    • 活動報告
    • 賛助会員募集

    おすすめリンク

    • 劇団呼華
    • ノブレス オブリージュ