財団法人健康普及会

    ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

    活動内容

    平成27年 6月28日 施設訪問の模様


     
    10時00分〜11時10分
    特別養護老人ホーム ひばり

    【内容】
     @「映画音楽メドレー(踊り明かそう、さよならはダンスの後に、黒いオルフェ、ダイヤモンドは女の親友、バラ色の人生、南太平洋からバリハイ、シェルブールの雨傘、慕情、シングシングシング」〜
     A「(芝居)映画の撮影だよおっかさんB舞踊)古城」〜
     E「(日本舞踊)連獅子」〜
     F「(ダンス)フェニックス火の鳥」
     〜アンコール「東京ラプソディー、上を向いて歩こう、憧れのハワイ航路」

    【参加人数】70名位   【年齢層】70歳代〜100歳代

    【反応1】
     施設に到着しますと、すぐに会場となるエントランスロビーに多くのご利用者の皆様がお集まりになっていらっしゃるのが目に入って来ました。キャスト達は皆様にご挨拶をさせていただきながら荷物の搬入を行いました。音響調整でなつかしいお歌が流れますと、皆様ご一緒にお歌を歌われたり、体を揺らしてリズムを取られたりとなさっていらっしゃいました。

    【反応2】
     開演いたしますと、初めは皆様真剣な表情で演目をご覧になられていらっしゃいましたが、次第に変わるがわる登場するキャストとその衣装に驚かれたり、バリハイの曲で子役のキャストが登場いたしますと、手を伸ばして握手を求めて下さるなど、皆様の反応が大きくなって行きました。お芝居では下手側二列目花道横の仲のよろしいご様子のお二人のご利用者の方がキャストの動きを手で指し示されながら終始笑い声をあげられ「頑張りなさい!」とお声をかけられるなど、お楽しみのご様子でした。続く日本舞踊、エンディングダンスも皆様から盛大な拍手をいただき、後列の男性のご利用者の方は立ち上がり拍手を送って下さいました。

    【反応3】
     終演後、皆様より「こんな素敵な催しは初めてです。本当に若返りました。」「映画も歌舞伎も大好きだったから、本当に幅広い演目で嬉しかったわ。」などお声をいただきました。上手側最前列端でご覧いただいておりました車椅子の男性のご利用者の方はショー中「いいぞー!」とお声がけ頂いたりとお楽しみのご様子でした。丁度ご一緒にご覧になっていらっしゃいましたご家族の方が、「以前は明るかった父がこのところ一言も喋らなくなってしまっていたんです。今日、久しぶりに父の声を聞きました。本当にありがとうございました。」とお話下さいました。一同胸が熱くなる思いでございました。

     
       
       
         
     
    14時00分〜15時05分
    特別養護老人ホーム ワゲン新横浜

    【内容】
     @「映画音楽メドレー(踊り明かそう、さよならはダンスの後に、黒いオルフェ、ダイヤモンドは女の親友、バラ色の人生、南太平洋からバリハイ、シェルブールの雨傘、慕情、シングシングシング」〜
     A「(芝居)映画の撮影だよおっかさんB舞踊)古城」〜
     E「(日本舞踊)連獅子」〜
     F「(ダンス)フェニックス火の鳥」〜
     アンコール「東京ラプソディー、上を向いて歩こう、憧れのハワイ航路」「(歌)上を向いて歩こう」、「(歌)憧れのハワイ航路」

    【参加人数】110名位   【年齢層】70歳代〜100歳代

    【反応1】
     施設に到着しますと、まだ数十名の方がお食事後食堂にお残りでしたので、皆様が退室されるのを待って準備を開始させていただきました。パーテーションを3枚お貸しいただけましたので、スムーズに楽屋設営を進めることができました。

    【反応2】
     音響調整が始まりますと、懐かしいお歌に誘われるように次々とご利用者の方がご来場下さいました。開演前に娘役2名が季節のお歌を歌わせていただきました。「夏は来ぬ」のお歌は今月のお歌として皆様練習をされていたようで、会場は皆様の合唱の歌声が響いておりました。

    【反応3】
     皆様の拍手の中、ショーがスタートいたしました。最初の演目から皆様手拍子と拍手で応援下さいましたが、やはり男役が登場しますと、より大きな拍手が起こりました。貴杏が舞台上で男役に変身する場面では会場からは「おー!」という驚きの声と女性のご利用者の方からは「素敵!」というお声がかかりました。続くお芝居でも、「君の名は」の有名なナレーションをキャストと共にお読みになるご利用者の方がいらっしゃったりと、皆様お楽しみのご様子でございました。連獅子では「よ、日本一!」「いいぞ!」とのお声がかかり、キャスト達も更に熱が入ったようでございます。皆様の拍手に支えられ、終演となりました。

    【反応4】
     終演後のご挨拶の際、ご婦人のご利用者の方がバラの花を一輪もっていらっしゃいました。「これ、昨日家族からもらったのだけど、とっても美しいから貴方達に持っていてもらいたいわ。せめて受け取って下さい。」とショーが終わってからすぐお部屋にもどり、バラを一輪持ってきて下さったようでございました。これにはバラを受け取った貴杏も感動し、目には涙が光っておりました。


     
       
       
         

    戻る

    • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
    • 石田純一 未来への貯金
    • 事業内容
    • 活動報告
    • 賛助会員募集

    おすすめリンク

    • 劇団呼華
    • ノブレス オブリージュ