財団法人健康普及会

    ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

    活動内容

    平成27年 10月27日 施設訪問の模様


     
    14時30分〜15時40分
    特別養護老人ホーム 芳香苑

    【内容】
     @「映画音楽メドレー(踊り明かそう、さよならはダンスの後に、黒いオルフェ、ダイヤモンドは女の親友、ラヴィアンローズ、南太平洋バリハイ、シェルブールの雨傘、慕情、シングシングシング」〜
     A「(芝居)映画の撮影だよおっかさんB(日本舞踊)古城」〜
     E「(日本舞踊)連獅子」〜
     F「(ダンス)フェニックス火の鳥」
     〜アンコール「東京ラプソディー、上を向いて歩こう、憧れのハワイ航路」

    【参加人数】120名位   【年齢層】70歳代〜100歳代

    【反応1】
     入居の方の人数がとても多い施設様で、事前の館内告知方法や、会場の使い方、公演の流れなど、当日を迎えるまでに職員の方が電話やメールにて細やかに何度も打ち合わせを繰り返して下さり、本日の公演日に備えて下さいました。施設に到着致しますと、数名の職員の方がお出迎え下さり、搬入をお手伝い下さいました。会場となる食堂からもテーブルが既に撤去されており、おかげさまで、瞬く間に会場設営が完了致しました。広い施設様ですので、会場に並べられた椅子の数は多く、一本の花道だけですと後方の方のフォローが難しいと判断し、急遽もう一本花道を開けていただき、左右に二本の花道を作らせていただきました。

    【反応2】
     音響調整も問題無く済み、ご利用者の皆様にご入場いただきましたが、開場前から食堂の外でお待ちになられていらっしゃる方も多く、あっという間に前のお席から埋まってゆき、満員の状況になりました。始めてのご訪問ですので、呼華の紹介や今回の訪問に至る経緯などをご説明申し上げた後、娘役二名を出しロシア民謡の「トロイカ」、お芝居挿入歌「東京だよおっ母さん」その後男役二名を出し「りんごの歌」「青い山脈」を歌わせて頂きましたが、会場が割れんばかりの大合唱になりました。

    【反応3】
     スターティング演目からご利用者の皆様は大変なお喜びようで、後方のお席の方は立ち上がられてオードリーヘプバーン姿に扮した貴杏あずまに盛んに手を振られる方、前方のお席の方もお座りの椅子や車椅子から体を浮かせる様にして手を伸ばして握手を求められる方が大勢いらっしゃいました。

    【反応4】
     終演後には、キャストと握手を交わしながらあちこちで「心が明るくなりました」「生きてゆく元気をもらえた」「若返った」とのお声をいただき、感激でございました。

    【反応5】
     楽屋を片付けている際も、楽屋までお礼を言いに来て下さる方の列が出来るほどで、一同お名残を惜しみながら退館させていただきました。

     
       
       
         

    戻る

    • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
    • 石田純一 未来への貯金
    • 事業内容
    • 活動報告
    • 賛助会員募集

    おすすめリンク

    • 劇団呼華
    • ノブレス オブリージュ