財団法人健康普及会

    ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

    活動内容

    平成28年 1月17日 施設訪問の模様


     
    14時30分〜15時40分
    富士見プラザ 社会福祉法人子の神福祉会

    【内容】
     @「映画音楽メドレー(踊り明かそう、さよならはダンスの後に、黒いオルフェ、ダイヤモンドは女の親友、ラヴィアンローズ、南太平洋バリハイ、シェルブールの雨傘、慕情、シングシングシング」〜
     A「(芝居)映画の撮影だよおっかさんB(日本舞踊)古城」〜
     E「(日本舞踊)連獅子」〜
     F「(ダンス)フェニックス火の鳥」
     〜アンコール「東京ラプソディー、上を向いて歩こう、憧れのハワイ航路」

    【参加人数】25名位   【年齢層】70歳代〜100歳代

    【反応1】
     施設へ向かう際、初めこちらの手違いで分施設であるプラザ富士見フォンテーヌ鷺沼様に伺ってしまいました。急ぎプラザ富士見様に向かい直しますと、職員様がステージを確保し、椅子を並べてくださっていました。ご協力感謝申し上げます。当初50名近くの方がご参加頂けると伺っておりましたが、丁度入居フロアで風邪が流行っているとの事で、特別養護老人ホームにご入居の利用者の方は下りてくることが出来ず一階のデイサービスの皆様のみのご参加となりました。

    【反応2】
     そのため、最前列には普段の公演時よりもお元気な女性のご利用者の方が多くお座りくださいました。キャストが、デモンストレーションとして開演前にラインダンスの開脚と足上げをお見せすると、「おお!」「すごい!」と少人数様でも大きな歓声を下さるのをみて、職員方が「他のフロアの方がお呼びできず本当に残念です。」と仰いました。

    【反応3】
     そのような皆様ですので、ショーは大変盛り上がり推移してゆきました。眉間に眉を寄せ真剣な表情でご覧下さっていた男性のご利用者の方へ貴杏が黒いオルフェで伺うと、手を握られたまま離されず涙を浮かべるという一幕もごさいました。東京だよおっかさんなどの懐かしいお歌は必ず合唱のように皆様がお歌い下さり、芝居も随所で皆様の笑い声が聞こえました。ショーの最後にはご利用者の方から「ありがとう!」というお声がかかり、瞬く間に終演となりました。

    【反応4】
     昨日がお誕生日というご利用者の方がいらっしゃいましたので、皆様とバースデーソングを歌わせていただきました。いつものアンコールの後、再アンコールをいただき、蘇州夜曲をお届けいたしました。ご利用者の方からは、「素敵なステージ、素敵な歌声、あっという間だったわ。もっと聞いていたかった。」「冥土の土産になりました。」とのお声をいただきました。キャストが片付けをし、荷物を会場外へ出す際に、皆様から何度も何度も「ありがとう、頑張ってね。」「身体には気をつけるのよ。」「生きる糧になりました。」とこちらの心に響くお声をかけて頂き、キャストスタッフ一同大変感激でごさいました。


     
       
       
         

    戻る

    • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
    • 石田純一 未来への貯金
    • 事業内容
    • 活動報告
    • 賛助会員募集

    おすすめリンク

    • 劇団呼華
    • ノブレス オブリージュ