財団法人健康普及会

    ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

    活動内容

    平成28年 2月17日 施設訪問の模様


     
    10時00分〜10時40分
    デイサービスのい

    【内容】
     @「映画音楽メドレー(踊り明かそう、さよならはダンスの後に、黒いオルフェ、ダイヤモンドは女の親友、ラヴィアンローズ、南太平洋バリハイ、シェルブールの雨傘、慕情、シングシングシング」〜
     A「(歌)「君の名は」「影を慕いて」
     B(ダンス)フェニックス火の鳥」〜
     〜アンコール「東京ラプソディー、上を向いて歩こう、憧れのハワイ航路」

    【参加人数】11名位   【年齢層】70歳代〜90歳代

    【反応1】
     施設に到着しますと、担当の上原様が施設の外の道まで走ってお出迎えにいらしてくださいました。こちらのデイサービス様は、一軒の民家をデイサービスに使用されているアットホームな体勢の施設様でしたので天井の高さや、お部屋の構造など、会場の状態を考慮させていただき急遽打合せを入れて、演目を決定致しました。皆様が参加しやすい様、歌を多めの演目にさせていただきました。

    【反応2】
     上手端から五人目のご婦人様は準備をするメイク姿のキャストを見て「宝塚みたいね。」「私は神戸出身でレビューを観によく宝塚に行ったのよ。葦原邦子さんとかね、好きだったわ。あとは、春日野八千代さんね。」と目を輝かせながらお話しくださいました。開演前に娘役が二名出て「東京だョ おっ母さん」「支那の夜」を歌わせていただいた際に、下手端から二人目の男性の方が大きなお声で「支那の夜」をご一緒に歌ってくださいました。普段よりも音響を控えめに調整させていただいておりましたので、こちらの男性のお声がキャストよりも大きく、本当に微笑ましく、キャストも嬉しくご一緒させていただきました。

    【反応3】
     下手端の男性は、お身体の状態から、準備段階もお話かけをしてもずっと寝ていらっしゃるのか、目を閉じていらっしゃったのですが、[ダイヤモンドは女の親友]の曲の途中から目を開けられて手拍子をし始め、後半にはしっかりと目を開けて手拍子をしながらご覧になってくださいました。この状況にはスタッフの皆様も驚かれたご様子で、キャスト一同刺激をお与えすることが出来て本当にやりがいを感じた次第でした。

    【反応4】
     終演時に先ほどのご利用者の方に握手にお伺いした際には「楽しかったよ。」とお声にだして笑顔を見せてくださいました。本当に感激でございました。職員様が上手から三人目のご婦人様について「いつもと表情が全然違って、(普段は表情を動かされない)目尻にしわがよる程笑顔でした。驚きました」とお話しくださいました。上手端のご婦人様が「楽しかったわ。」とお話しくださっているとスタッフの方が「一番の笑顔ですよ。すごく楽しそうにご覧になっていました。」とお話しくださいました。会場の片付け、荷物の搬出をしておりますと、前述の神戸出身でよく宝塚を観に行ったとお話しくださった上手端から五人目のご婦人様が立ち上がって私達の側を離れ難い雰囲気でいらっしゃいましたところ、スタッフの方に「呼華さんは片付けしてますので、危ないですから座っててください。」と言われ、「皆さん遠いところからわざわざ来てくださって素晴らしい物を見せてくれたから、お見送りをしたいのよ。」と仰ってくださった。施設を後にする際には寒い中スタッフの皆様と、ご利用者の方も玄関までお見送り下さり、感激でございました。


     
       
       
         

    戻る

    • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
    • 石田純一 未来への貯金
    • 事業内容
    • 活動報告
    • 賛助会員募集

    おすすめリンク

    • 劇団呼華
    • ノブレス オブリージュ