ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

活動内容

平成28年 3月9日 施設訪問の模様


 
10時00分〜11時15分
北新宿特別養護老人ホーム

【内容】
 @「映画音楽メドレー(踊り明かそう、さよならはダンスの後に、黒いオルフェ、ダイヤモンドは女の親友、ラヴィアンローズ、南太平洋バリハイ、シェルブールの雨傘、慕情、シングシングシング」〜
 A「(芝居)映画の撮影だよ、おっ母さん」
 B「(日本舞踊)古城」
 C「(日本舞踊)連獅子」
 D「(ダンス)フェニックス火の鳥」
 〜アンコール「東京ラプソディー、上を向いて歩こう、憧れのハワイ航路」

【参加人数】80名位   【年齢層】70歳代〜100歳代

【反応1】
 施設様のご配慮により、朝食を早めに済ませていただきましたようで、到着時に会場となる食堂は既にテーブルも移動され、ご利用者の方々がステージを囲む様な形で準備が整っていました。お陰様で荷物の搬入がとてもスムーズに出来ました。職員の皆様に心から感謝申し上げます。

【反応2】
 音響調整などの準備も順調に進み、開演40分前には外側まわりの全ての準備を終了する事が出来ました。音響調整の間に、懐かしいお歌に誘われる様にぽつぽつとご利用者の方々がお集まりになっていらっしゃいました。音響調整が済んでしまいますと、既に会場にお越しの皆様には退屈な時間となってしまいますので、開演前に娘役がステージに立ち、季節のお歌から「早春賦」「みかんの花咲く丘」交代致しまして男役が「青い山脈」「北国の春」をお届け致しました。

【反応3】
 そのような後に開演を迎えましたが、会場は冷房を入れたほうが良いのではと思うくらいの熱気で、皆様大変お喜びの様子でショーが推移してゆきました。芝居からの、昭和歌謡を多く使用しているナンバーが続きますと、多くの皆様がキャストとともに歌を口ずさまれていらっしゃいました。また、昔を思い出されてか、涙を流しながらも歌われるご利用者の方が数名いらっしゃいました。そのご利用者の方の姿を見て、同様に涙される職員の方がいらっしゃり、お優しいお気持ちにこちらも涙ぐんでしまいました。

【反応4】
 終演後の握手タイムでも、客席を回らせていただくキャストに、皆様の拍手や掛け声がかかり、キャスト達も大変幸せな思いの中でのショー開催でございました。

【反応5】
 荷物を搬出していた際、ご家族の方がいらっしゃり、「今日はたまたま見舞いに来ていたのですが、本当に素晴らしいショーを観させていただきました。父は家族には厳しい姿しか見せなかったので、あんなにニコニコした父を見るのは本当に久しぶりです。」とお話しくださいました。名残を惜しんで手を振られるご利用者の方のお姿に一同大変感激いたしました。


 
   
   
     
 
14時00分〜15時10分
社会福祉法人 千日会 千川の杜

【内容】
 @「映画音楽メドレー(踊り明かそう、さよならはダンスの後に、黒いオルフェ、ダイヤモンドは女の親友、ラヴィアンローズ、南太平洋バリハイ、シェルブールの雨傘、慕情、シングシングシング」〜
 A「(芝居)映画の撮影だよおっかさん」〜
 B「(日本舞踊)連獅子」〜
 C「(ダンス)フェニックス火の鳥」〜
 アンコール「東京ラプソディー、上を向いて歩こう、憧れのハワイ航路」

【参加人数】45名位   【年齢層】70歳代〜90歳代

【反応1】
  こちらの施設様では、地域交流スペースを会場として使用させていただきました。施設に到着致しますと、石山施設長様がにこやかにお出迎えくださり、雨が降っている事を考慮くださってか、軒下に車をつけ、会場に荷物の搬入が可能なようにご指示くださいました。お陰様で荷物が全く濡れる事なく、また搬入もとても楽になり、お気遣いに感謝申し上げます。昨年開設したばかりの新しい施設様で、音響も良く問題なく準備を進める事が出来ました。

【反応2】
  開場致しますと、デイサービスの方、悪天候の中、地域の方も含め大勢のご利用者の方がお越し下さりました。「ショーを見るんだから、前の方が良いわよ。」「役者さんは何処かしら。」と開演前から皆様のお話し声が聞こえてまいりました。開演前の唱歌「みかんの花咲く丘」では、下手側三列目の男性のご利用者の方が何か思い出深いお歌だったのか、早くも涙を流しながらご一緒にお歌いくださいました。

【反応3】
  ショーは皆様の大きな拍手の中推移して行きました。特にお芝居では、貴杏が登場すると大きな拍手が起こり、その後「君の名はと…」と貴杏が歌うと上手側最前列のご利用者の方がお元気に「私よしこ!」とお答え下さるなど、ご利用者の方とキャストとの交流に会場から大きな笑い声が起こっておりました。ショーは盛り上がったまま推移してゆき瞬く間に終演となりました。

【反応4】
  終演後、ご利用者の方がお一人いらっしゃり、「普段地域交流スペースを利用していて、呼華さんの来訪を伺ってから絶対にサインを貰おうと楽しみにしていました。」と雨に濡れないよう袋に何重にも入れたサイン色紙を御持参下さいましたので、キャスト全員でサインを入れさせていただきました。後日こちらのご利用者の方から丁寧な感謝のお手紙を頂戴し、「サインの入った色紙とポスターを毎日見て元気に生きております。」との文面にキャスト一同大変感激した次第でございました。

 
   
   
     

戻る

  • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
  • 石田純一 未来への貯金
  • 事業内容
  • 活動報告
  • 賛助会員募集

おすすめリンク

  • 劇団呼華
  • ノブレス オブリージュ