財団法人健康普及会

    ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

    活動内容

    平成28年 4月17日 施設訪問の模様


     
    10時30分〜11時15分
    特別養護老人ホームシオンとしま

    【内容】
     @「映画音楽メドレー(踊り明かそう、さよならはダンスの後に、黒いオルフェ、ダイヤモンドは女の親友、ラヴィアンローズ、南太平洋バリハイ、シェルブールの雨傘、慕情、シングシングシング」〜
     A「体操コーナー」
     B「(日本舞踊)古城」〜
     C「(日本舞踊)連獅子」〜
     D「(ダンス)火の鳥」〜
     〜アンコール「東京ラプソディー、上を向いて歩こう、憧れのハワイ航路」

    【参加人数】60名位   【年齢層】70歳代〜100歳代

    【反応1】
     会場は、3階の共有スペースをお借りいたしました。音響調整も問題なく進み、会場となりました。車椅子のご利用者の方が半数以上いらっしゃり、職員の皆様の手際の良いご誘導で瞬く間にお席が埋まって行きました。車椅子の幅が大きいため、エレベーターホール前の通路にも会場に入りきらないご利用者の方が並んでしまう状況になってしまったため、急遽ステージ横にも客席を増やし、舞台スペースが客席に張り出した様な形状に舞台を組み替え致しました。横からご覧頂く方にもお楽しみ頂ける様にと、キャスト達も楽屋裏にて入念に立ち位置の調整をして公演に臨みました。

    【反応2】
     施設様からいただける上演時間の都合からお芝居を抜いたメニューでの公演となりました。開演前のお歌「東京だよおっかさん」では、早速ステージ様からご覧下さいましたご入居者の方が涙を流し手を合わせながらご覧くださっておりました。

    【反応3】
     ショーの始めから、「おー!」と歓声を上げ拍手と手拍子で応援くださる方、終始胸に手を当て涙を流しながらご覧下さる方。リズムに合わせて身体を動かして下さる方など、皆様様々にお楽しみ下さっているご様子でした。また、影を慕いてのお歌では、男性のご利用者の方が大きな歌声でご参加下さいました。皆様お歌がとてもお好きなご様子で、りんごの歌では、後列のご利用者の方も大きく口を開けご一緒にお歌い下さいました。その様子を拝見し、終演後急遽アンコールで「北国の春」をお届けすると、多くの方がご参加くださり、まるで合唱の様な歌声が会場いっぱいに響いておりました。

    【反応4】
     握手タイムでは、上手側二列目端の女性のご利用者の方が「こんなに楽しかったのは久しぶりよ。それにこんなに手を叩いて応援したのも久しぶり。明日も明後日も来てほしいわ。」とお話下さいました。キャストが片付けをしておりますと、女性のご利用者の方がお声をかけて下さり、「昔見た日劇のショーが蘇るようよ。皆様背が揃っていてダンスがとっても素晴らしかったわ。」とお褒め下さいました。皆様のお気持ちが嬉しく、一同春風のように爽やかな気持ちをいただき、施設を後にいたしました。


     
       
       
         

    戻る

    • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
    • 石田純一 未来への貯金
    • 事業内容
    • 活動報告
    • 賛助会員募集

    おすすめリンク

    • 劇団呼華
    • ノブレス オブリージュ