ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

活動内容

平成29年 2月 4日 施設訪問の模様


 
10時00分〜11時15分
特別養護老人ホーム 板橋の里英智園

【内容】
 @「夢のプリンセスメドレー(シンデレラ・アラジンと魔法のランプ・美女と野獣)」〜A「(歌)黒い花びら、悲しい酒」〜B「情熱のラテンメドレー(CHACHACHA・MAMBO No.5・カチート・バイモスアバイラール・雨に咲く花・愛の賛歌・ベサメムーチョ・黄色いサクランボ・マシュケナダ・Maria)」〜C「体操コーナー」〜D「(日本舞踊)黒田節」〜E「(ダンス)BACH」〜アンコール「高校三年生、青春サイクリング、憧れのハワイ航路、上を向いて歩こう」

【参加人数】40名位   【年齢層】70歳代〜90歳代

【反応1】
 施設に到着致しますと、既にテーブルが移動され椅子も並べられていました。施設長様並びに職員の皆様に心から感謝申し上げます。

【反応2】
 お陰様を持ちまして順調に順調が進み、9時30分前には開場することができました。開場と同時に、ご利用者の皆様がご自分で歩いてこられたり、また職員の方にご誘導いただきながらおこしになられました。開演前には長くお待ちになられていらっしゃるご利用者様のお暇つぶしにと、「りんごの歌」と「高原列車は行く」ご一緒に歌わせていただきましてから、ショーをスタートさせました。


【反応3】
 ショーが始まりますと、皆様本当に熱心にステージをご覧になられていらっしゃいました。最前列の下手に座られていらっしゃった男性のご入居者様ですが、流れてくる唱歌はもちろんのこと、歌謡曲など、歌全てをキャストの後を追いながら楽しそうに鼻歌のような感じでお歌いになられていらっしゃいました。プリンセスメドレーは最近の曲ですし、ラテンメドレーの「バイモス・ア・バイラール」や「マリア」は、原曲の歌詞に合わせてオリジナルの日本語の歌詞をあてているため、ご存知ないと思うのですが、それでもそのような歌まで実に楽しそうに満面の笑みを浮かべられてお歌いくださりましたので、その様子が大変嬉しく感じられました。ラテンメドレーは、終盤に向かい皆様が盛んに拍手や歓声を送ってくださり、キャスト達も本当に演技に熱が入りました。

【反応4】
 終演時にはアンコールのお声がけをいただきましたので、急遽「青い山脈」をお届けさせていただきました。ご利用者の皆様はキャストとの別れを惜しまれて、どなたもお席を立たれようとなさらずにいらっしゃったところ、最前列の女性のご利用者の方から「アンコール」と再度のお声がかかり、再びのアンコールと致しまして「川の流れのように」をお届けさせていただきました。大合唱となり、大変な盛り上がりの中終演となりました。


 
   
   
     
 
15時00分〜16時15分
ホスピタルメント板橋ときわ台

【内容】
 @「夢のプリンセスメドレー(シンデレラ・アラジンと魔法のランプ・美女と野獣)」〜A「(歌)黒い花びら、悲しい酒」〜B「情熱のラテンメドレー(CHACHACHA・MAMBO No.5・カチート・バイモスアバイラール・雨に咲く花・愛の賛歌・ベサメムーチョ・黄色いサクランボ・マシュケナダ・Maria)」〜C「体操コーナー」〜D「(昭和歌謡コーナー)東京ラプソディ、憧れのハワイ航路、青春サイクリング、蘇州夜曲、上を向いて歩こう」

【参加人数】20名位   【年齢層】70歳代〜90歳代

【反応1】
  施設に到着致しますと、エントランスは吹き抜けの広い空間となっておりました。今回は、こちらのエントランスロビーを会場としてお借りするということで、木の床材も相まってとても良い音響効果が期待されました。準備中にこちらの施設に入居を希望されているご近所の方が見学にいらしており、流れるお歌に「こんな方たちが来てくださったら、お家よりで1人でいるよりも楽しいわね。」とお話をされていらっしゃいました。

【反応2】
  お集まりの皆様はおとなしめの方が多く、開演前のお歌を皆様口ずさまれる程度でごさいました。そんな客席の様子で一際目を引きましたのは最前列におすわりのお二人の男性のご利用者の方でごさいました。普段男性の方は後方の列におすわりになることが多く、特に初めてご訪問させていただく施設さまだと、最前列にいる男性のご利用者の方はとても珍しい光景でございました。

【反応3】
  このお二人はスターティング演目でキャストが登場すると、顔を綻ばせ、笑顔で拍手と手拍子で応援くださいました。ラテンメドレーのマンボNO.5では、「ウー!」という掛け声までご一緒くださり大変お楽しみのご様子でごさいました。こちらの男性のご入居者様方がリード役となり、皆様からも大きな拍手を頂戴し瞬く間に終演となりました。

【反応4】
  キャストが片付けをしていると、ご婦人のご入居者様が会場に戻って来て下さり、「本当に素晴らしかったわ。サインを入れてほしいの。」と呼華のポスターをお持ちくださいました。「夢見ているみたいだったわ。本当に来てくださってありがとうございました。」と丁寧なお礼の言葉をいただきました。

【反応5】
  担当くださいました職員の方より、「こういったクオリティの高いレクは中々できないので、皆さん最初はびっくりしていましたが、本当に喜んでくださっているのが表情から伝わってきました。」とお話いただきました。

 
   
   
     

戻る

  • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
  • 石田純一 未来への貯金
  • 事業内容
  • 活動報告
  • 賛助会員募集

おすすめリンク

  • 劇団呼華
  • ノブレス オブリージュ