ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

活動内容

平成29年10月18日 施設訪問の模様


 
10時00分〜11時10分
特別養護老人ホーム わかたけ青葉

【内容】
 @「(歌舞伎舞踊)助六」〜A「昭和歌謡メドレー(夜来香・シナの夜・蘇州夜曲・東京ラプソディ・一杯のコーヒーから・銀座カンカン娘・東京ブギウギ・憧れのハワイ航路)」〜B「(歌)悲しい酒」〜C「体操コーナー」〜D「(日本舞踊)黒田節」〜E「(ダンス)BACH」〜アンコール「上を向いて歩こう」

【参加人数】60名位   【年齢層】70歳代〜100歳代

【反応1】
 施設に到着致しますと、施設長様と数名の職員の方が笑顔でお出迎えくださいました。早速荷物を館内に搬入させていただきましたところ、会場となる食堂は既にテーブルが移動され、椅子も劇場のように並べられており、事前打ち合わせ通りに会場設営が完了していました。施設長様はじめ、職員の皆様のご配慮に心から感謝申し上げます。その荷物搬入の最中にも、廊下ですれ違った男性の職員からも笑顔で「今日はありがとうございます。私達職員はもちろん、ご入居の皆さん、とても楽しみにされています」と明るく声を掛けて下さいました。

【反応2】
 準備は問題なく進み、音響調整になりますと、女性のご利用者の方4名がご来場になられ「まだ早いかしら?」と笑顔で仰られましたので「どうぞ、どうぞ」とお席を勧めますと、嬉しそうに最前列のお席にお座りくださいました。そして、音響調整の途切れ途切れの歌ではありましたが、手拍子をされたり、ご一緒にお歌を歌われたりととてもお楽しみのご様子でした。そのお声に誘われるように、開場まえではございましたが、続々とご利用者の方がいらっしゃり、前の方からお席が埋まってゆきました。

【反応3】
 開演となり、キャストが登場致しますと、会場から歓声が起こり大きな拍手が起こりました。「李香蘭メドレー」で懐かしいメロディーが流れますと、下手で車椅子に乗られてご覧くださっていらっしゃった男性のご利用者様が、お顔、お身体の筋肉が動かないご様子でいらっしゃいましたが、李香蘭役の貴杏の歌に合わせて「支那の夜」を僅かながらでも口を動かしてお歌いくださり、「蘇州夜曲」では涙を流されながらお歌をご一緒下さったのには、こちらが感動をいただいた次第でした

【反応4】
 お歌がお好きな方が多くいらっしゃり、続く昭和歌謡メドレーも大合唱となりました。終演後も皆様名残惜しそうになかなか会場を出ようとなさらず、後片付けをするキャストのところにいらっしゃり次々にお礼を仰って下さいました。「まさかここ(施設)に居て、こんな華やかな舞台が拝見出来るなんて夢のようでした」「怪我をして入院していて、まだ痛んで辛かったが、退院してこんな素敵なショーが観られて本当に元気づけてもらった」とのお言葉をいただき、とても嬉しい気持ちで施設を後に致しました。

 
   
   
     
 
14時00分〜15時05分
未来倶楽部荏田

【内容】
 @「(歌舞伎舞踊)助六」〜A「昭和歌謡メドレー(夜来香・シナの夜・蘇州夜曲・東京ラプソディ・一杯のコーヒーから・銀座カンカン娘・東京ブギウギ・憧れのハワイ航路)」〜B「(歌)悲しい酒」〜C「体操コーナー」〜D「(日本舞踊)黒田節」〜E「(ダンス)BACH」〜アンコール「上を向いて歩こう」

【参加人数】50名位   【年齢層】70歳代〜90歳代

【反応1】
  施設に到着し、地下の駐車場から荷物の搬入をしておりますと、車椅子の男性のご入居者様がスタッフ様とエレベーターから降りていらっしゃいました。「ちょっと近くを散歩するだけだから、ショーを見に行くよ。」と娘役キャストと笑顔で握手をしてくださいました。会場はいつもイベントなどで使用されるというホールで、すぐに準備が完了致しました。系列内の他の施設様からもご観劇にいらっしゃるということで、少し多めにお席を準備させて頂きました。

【反応2】
 開場いたしますと、続々ご利用者の皆様がご来場下さいました。前方のお席には茅ヶ崎の施設からいらっしゃったという数名がお座りくださっておりました。こちらの皆様は、お歌がとてもお好きなご様子で、「こんなの滅多に見られないからね。」とお話しされながら、開演前にBGMとして流しております昭和歌謡曲を皆さんで口ずさんでいらっしゃいました。そのため、開演前には娘役キャストが出て通常よりも多く、「高原列車は行く」のお歌をご一緒に歌わせて頂いてから開演となりました。

【反応3】
  皆様に大きな拍手を頂き、スターティング演目で花魁が登場いたしますと、上手側最前列花道から二人目の男性のご入居者様が「いよ!」とお声がけをいただきました。続く李香蘭メドレーでは、下手側4列目花道から二人目の女性のご利用者の方が大きなお声で体を揺らしながらご一緒にお歌いくださいました。花道突き当たりには、搬入時にお会いした車椅子の男性のご入居者様がいらっしゃり、キャストが握手に伺うと、満面の笑みでお答えくださっており、その後も舞台上のキャストに向って何度も手を振って応援くださいました。昭和歌謡メドレーでも皆様の歌声が響いており、特に憧れのハワイ航路では、男性のご利用者の方から大きなお声が聞こえてまいりました。ラテンメドレーマリアでは、花道にはいった貴杏に最後列花道横のご利用者の方が両手を伸ばし、「来てくれてありがとう嬉しい、嬉しい」となんども仰るという場面もございました。皆様の拍手の中、瞬く間に終演となりました。

【反応4】
  茅ヶ崎の施設からいらっしゃったという上手側最前列中央の女性のご利用者の方が帰り際職員の方に、「私も慰問に行ったことがあるから、あの子達がどれだけ稽古してるのかわかるのよ。表に出ている何倍も苦労をしてる、こんなおばあちゃん達相手でも、一生懸命やってくれた、その気持ちが一番忘れられないわ。」とお話しくださっておりました。皆様と再会を約し施設を後に致しました。


 
   
   
     

戻る

  • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
  • 石田純一 未来への貯金
  • 事業内容
  • 活動報告
  • 賛助会員募集

おすすめリンク

  • 劇団呼華
  • ノブレス オブリージュ