ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

活動内容

平成29年11月23日 施設訪問の模様


 
10時00分〜11時10分
特別養護老人ホーム柏きらりの風

【内容】
 @「(歌舞伎舞踊)助六」〜A「昭和歌謡メドレー(夜来香・シナの夜・蘇州夜曲・東京ラプソディ・一杯のコーヒーから・銀座カンカン娘・東京ブギウギ・憧れのハワイ航路)」〜B「(歌)川の流れのように」〜C「情熱のラテンメドレー(CHACHACHA・MANBO NO.5・カチート・バイモスアバイラール・雨に咲く花・愛の讃歌・ベサメムーチョ・黄色いさくらんぼ・マシュケナダ・MARIA)」〜アンコール「上を向いて歩こう」

【参加人数】50名位   【年齢層】70歳代〜90歳代

【反応1】
 施設に到着致しますと、既に会場のテーブルは廊下に全て移動されており、直ぐに諸準備を開始することが出来ました。改めて、施設長様、職員の皆様のご協力に心から感謝申し上げます。

【反応2】
  音響調整も問題無く終了し、開場時間の9時30分には、楽屋内以外の全ての準備が終了し、ご入居の皆様をお迎えすることが出来ました。続々とお集まりになる多くの皆様から「楽しみに待っていました」との嬉しいお言葉をいただきました。開演10分前にはほぼ満席になり、皆様お集まりが完了しているご様子でしたので、娘役を三人舞台に登場させ、ショーのご説明や、皆様と「りんごの歌」「りんごのひとりごと」「高原列車はゆく」を歌わせていただき、ショーを開演致しました。

【反応3】
  キャストが登場致しますと、「うわー」という歓声が上がり、大きな拍手がおこりました。助六から続く李香蘭メドレー、昭和歌謡メドレーという昭和の名曲が続く演目も大好評で、曲の間でキャストが花道に入って握手をさせていただきますと、皆様大変お喜びくださり、中には涙を流される方も多くいらっしゃいました。ショーは皆様の歓声、歌声に包まれて推移し、エンディングダンスのラテン曲「マリア」も「素敵」「かっこいい」などとのお声があがるなど、皆様真剣にステージをご覧下さり、盛り上がったまま終演を迎えました。

【反応4】
  「今まで、いろいろなものを(アクテビティで)見せてもらったが一番良かった」「こんなに素晴らしいものが見れて気持ちが一気に明るくなりました」「生きる元気をもらった」「夢のような時間だった」などの嬉しい御礼のお言葉をたくさん頂戴致しました。終演後にはご希望の皆様に来年度のポスターカレンダーをプレゼントさせていただきました。施設様の呼びかけで、多くのご家族様、お客様もご参加下さいました。施設様の対応に心から感謝申し上げます。

 
   
   
     
 
14時30分〜15時30分
ニチイ柏の葉

【内容】
 @「(歌舞伎舞踊)助六」〜A「昭和歌謡メドレー(夜来香・シナの夜・蘇州夜曲・東京ラプソディ・一杯のコーヒーから・銀座カンカン娘・東京ブギウギ・憧れのハワイ航路)」〜B「(歌)川の流れのように」〜C「情熱のラテンメドレー(CHACHACHA・MANBO NO.5・カチート・バイモスアバイラール・雨に咲く花・愛の讃歌・ベサメムーチョ・黄色いさくらんぼ・マシュケナダ・MARIA)」〜アンコール「上を向いて歩こう」

【参加人数】50名位   【年齢層】70歳代〜90歳代

【反応1】
  施設に到着いたしますと、会場にはどなたもいらっしゃらず、すぐに準備を始めさせていただきました。ご利用者の方が数名、後方のソファに座りながら準備の様子を眺めていらっしゃいました。男性のご利用者の方が「今日は何があるの?楽しみだ!」と早速お声をかけてくださいました。

【反応2】
 客席を設置し、音響調整が終わると開場となりました。既に多くの方がお集まりくださっておりましたが、お席が足りず、廊下からご覧下さっている方もいらっしゃいました。上手側最前列花道横のご婦人のご入居者様は、「着替えてお友達を呼んでくるわ!」と椅子にハンカチを置いて席取りをされていらっしゃいました。開演前に娘役が登場し、りんごの歌、里の秋を歌わせていただくと、皆様大きなお声でご参加くださいました。

【反応3】
  皆様の拍手の中開演となりました。助六では、三列目花道横の男性のご利用者の方から「いよ!」と声が掛かり、花魁揚巻の登場に大きな拍手と「綺麗!」というお声がかかりました。お友達の席を取っていた上手側最前列花道横の女性のご利用者の方はご自身の携帯電話を構え、しきりに写真を撮っていらっしゃいましたので、キャストもそれに答え目線を送っておりました。川の流れのようにでは、下手側2列目中央の女性のご利用者の方がしきりにハンカチで涙を拭われながらご一緒に口ずさんでいらっしゃいました。ラテンメドレーでは、下手側最前列端のご利用者の方が椅子から身を乗り出すように手踊りをしてくださいました。皆様の拍手の中、瞬く間に終演となりました。

【反応4】
  ショー中携帯電話で写真を撮っていらっしゃったご利用者の方が「私が費用を出すから年二回来て欲しい!」と仰いました。キャストが後片付けをしている時もずっとお側に残っていてくださり、「貴女お若いのに今風に歌わないで、きちんと昔の人の歌い方をしてくれるから嬉しいわ。いただいたポスター、天井に飾って毎日見るわね。昔男役になりたくて憧れてたの。」とお話を聞かせてくださいました。他にも数名のご利用者の方がお部屋からお戻りになり「お名残惜しいわ。」「本当に夢のように素敵だったわ。」「寂しいわ。」と様々にキャストに話しかけてくださいました。皆様と再会を約し、施設を後にいたしました。


 
   
   
     

戻る

  • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
  • 石田純一 未来への貯金
  • 事業内容
  • 活動報告
  • 賛助会員募集

おすすめリンク

  • 劇団呼華
  • ノブレス オブリージュ