ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

活動内容

平成30年 3月12日 施設訪問の模様


 
10時00分〜11時05分
特別養護老人ホーム ハートハウス成城

【内容】
 @「(歌舞伎舞踊)助六」〜A「昭和歌謡メドレー(夜来香・シナの夜・蘇州夜曲・東京ラプソディ・一杯のコーヒーから・銀座カンカン娘・東京ブギウギ・憧れのハワイ航路)」〜B「(歌)」川の流れのように〜C「体操コーナー(歌月がとっても青いから)」〜D「(日本舞踊)黒田節」〜E「(エンディングダンス)BACH」〜アンコール「上を向いて歩こう」

【参加人数】60名位   【年齢層】60歳代〜90歳代

【反応1】
 施設に到着致しますと、会場としてお借りする食堂には数名のご利用者の方が食後のお茶を楽しまれていらっしゃいましたが、楽屋部分から徐々に準備を始めさせて頂きました。キャストが運ぶ衣装や機材の数々を見て「今日は何があるの?」「大変ね。」と様々にお声がけくださいました。

【反応2】
  客席の準備が整うと、皆様に早速ご着席いただき、音響調整の際も皆様と懐かしいお歌をご一緒しながら進めさせて頂きました。皆様お歌がとてもお好きなご様子で、特に夜来香、支那の夜などの李香蘭メドレーの楽曲では、皆様の歌声が合唱の様に会場に響いておりました。他のご利用者の方も続々とご来場くださり、開演20分前には廊下の方まで満席の状態となりました。その為、職員の方とご相談させて頂き、開演時間を5分前倒ししての開演となりました。

【反応3】
  皆様の大きな拍手の中ショーは推移してまいりました。『助六』の花魁揚巻とかむろの踊りでは、下手側最前列花道横のご利用者の方が「竜宮城みたいね。」とお話をされていらっしゃいました。 『憧れのハワイ航路』では、後方にお座りの男性のご利用者の方がマイクを使うキャストに負けないような大きなお声でご一緒にお歌いくださり、会場からは大きな拍手が起こっておりました。『川の流れのように』では、上手側二列目中央のご利用者の方がハンカチで何度も涙を拭われながらご一緒に口ずさんでくださいました。皆様に様々にお喜び頂き、瞬く間に終演を迎えました。

【反応4】
  終演後の握手タイムでは、「施設に入ってからこんなに素晴らしい物が見れるとは思ってなかった。」「歌舞伎を見たことがなかったけど、お衣装も立派で華やかで夢が叶ったみたい。」など、様々にお喜びのお声を頂きました。下手側最前列花道横のご利用者の方は、「娘に今日あったことを話したいから、サインが欲しいわ。」とお部屋から色紙をご持参してくださいました。施設を後にする際も、多くのご利用者の方が玄関にお集まりくださり、車が見えなくなるまで手を振ってお見送りくださり、一同感動を頂きました。

 
   
   
     
 
14時00分〜15時05分
アリスタージュ経堂

【内容】
 @「(歌舞伎舞踊)助六」〜A「昭和歌謡メドレー(夜来香・シナの夜・蘇州夜曲・東京ラプソディ・一杯のコーヒーから・銀座カンカン娘・東京ブギウギ・憧れのハワイ航路)」〜B「(歌)」川の流れのように〜C「情熱のラテンメドレー(CHACHACHA・MANBO NO.5・カチート・バイモスアバイラール・雨に咲く花・愛の讃歌・ベサメムーチョ・黄色いさくらんぼ・マシュケナダ・MARIA)」〜アンコール「上を向いて歩こう」

【参加人数】50名位   【年齢層】60歳代〜90歳代

【反応1】
  施設に到着致しますと、高級なホテルのエントランスロビーの様な空間が広がっておりました。こちらを会場としてお借りできるということで、天井も高く、音響的にも素晴らしいショーが出来ると期待されました。音響調整を致しますと、やはり期待通りとても良く響き、スムーズに調整を行う事ができました。そのお歌を聞いて、男性のご利用者の方が一名会場の様子を見にいらっしゃり、「良い歌ばかりだね。これはみんな喜ぶよ。」とお褒めくださいました。開場致しますと、続々とご利用者の方がお集まりくださいました。ご家族様がお隣でご覧下さっている方も多くいらっしゃいました。かむろ姿の娘役が登場致しますと、会場からは「おー!」と驚きの声が上がりました。開演前のお歌は大きな声でというよりも、口ずさむ様に歌われる方が殆どでございましたが、皆様笑顔でご覧下さっておりました。

【反応2】
 皆様の拍手の中ショーがスタート致しました。『李香蘭メドレー』では、後方の男性のご利用者の方から大きな歌声が響き、ショーが進むにつれて皆様の拍手の音も大きくなってまいりました。ラテンメドレー『カチート』で娘役が上手側最前列端でご家族とご一緒にご覧下さっていた車椅子の女性のご利用者の方の元へ伺うと、キャストの手を取り、ほおに寄せて下さいました。ショーの終演時には会場全体から大きな拍手が起こりました。

【反応3】
  終演後の握手タイムでは、花道突き当たりの女性のご利用者の方が「今までこの施設であった催しの中で一番良かった。ずっとこんなのが見たかったのよ。選曲もすごく良いし、また是非来て欲しいわ。」とお褒め下さいました。また、上手側最前列端のご家族様は「母は舞台が好きでよくつれて行ってくれました。今は車椅子になってしまって、前の様に気軽に行けなくなってしまったから、こんな風に来て頂けて、歌舞伎も歌もダンスも一度に見れて本当に母も喜んでいました。私も若返った気持ちでした。」とお話し下さいました。

【反応4】
  皆様と再会を約して施設を後に致しました。


 
   
   
     

戻る

  • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
  • 石田純一 未来への貯金
  • 事業内容
  • 活動報告
  • 賛助会員募集

おすすめリンク

  • 劇団呼華
  • ノブレス オブリージュ