ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

活動内容

平成30年 5月25日 施設訪問の模様


 
10時00分〜11時25分
デイサービス あおぞら目黒

【内容】
 @「(歌舞伎舞踊)助六」〜A「昭和歌謡メドレー(夜来香・シナの夜・蘇州夜曲・東京ラプソディ・一杯のコーヒーから・銀座カンカン娘・東京ブギウギ・憧れのハワイ航路)」〜B「(歌)」川の流れのように〜C「情熱のラテンメドレー(CHACHACHA・MANBO NO.5・カチート・バイモスアバイラール・雨に咲く花・愛の讃歌・ベサメムーチョ・黄色いさくらんぼ・マシュケナダ・MARIA)」〜アンコール「上を向いて歩こう」

【参加人数】23名位   【年齢層】70歳代〜90歳代

【反応1】
 施設到着時、会場は全てテーブルが移動され、椅子も並べてくださっておりました。施設様のご協力に感謝申し上げます。音響調整をしていると、女性のご利用者の方が手踊りをしながらご来場され、下手側2列目花道から三人目のお席へ座られました。その後も懐かしい音楽に誘われるように、続々と皆様がご来場くださり、開演30分前には殆どのご利用者の皆様がお集まりくださいました。

【反応2】
  職員の皆様のおかげで準備が早く終わったこともあり、開演20分前に娘役が登場し「月がとっても青いから」のお歌をお届けいたしました。前座としてかむろ姿のキャストが登場すると、客席から大きな歓声が起こり、下手側最前列のご利用者の方からは「可愛い!乙姫様みたいね。」とお声がかかりました。皆様とりんごの歌、りんごのひとり言、高原列車は行くをお届けすると、皆様大きなお声でお歌にご一緒いただきました。

【反応3】
  ショーは皆様の拍手の中スタートいたしました。助六でポーズが決まると、上手側後ろから三列目花道横の車椅子の男性のご入居者様が「いよ!」とお声がかかる。会場からも大きな拍手。下手側最前列端のご入居者様は、車椅子から落ちてしまいそうなくらい前に手を伸ばしてキャストに握手を求め、李香蘭メドレーで貴杏が握手に応えると、「ありがとう!!」とそのままハグをするという場面もございました。川流れのようにのお歌では、上手側三列目花道横の車椅子のご婦人のご入居者様が歌う貴杏に両手を合わされながらなら涙を流されるお姿が大変印象的でございました。ショーは盛り上がったまま推移し瞬く間に終演を迎えました。

【反応4】
  アンコールの際、最高列中央の女性のご利用者の方がノートを手に「皆さんでサインを入れて。」とご希望くださったので、キャスト一同サインさせて頂きました。下手三列目端の男性のご利用者の方は「今まで来たどの催し物よりも、素晴らしかった。浅草の国際劇場を思い出しました。」とお話くださいました。施設を後にする際、ご利用者の方数名が、玄関から車が見えなくなるまで手を振ってお見送りくださり、目頭が熱くなる思いでございました。

 
   
   
     
 
13時55分〜16時15分
杜の風・上原

【内容】
 @「(歌舞伎舞踊)助六」〜A「昭和歌謡メドレー(夜来香・シナの夜・蘇州夜曲・東京ラプソディ・一杯のコーヒーから・銀座カンカン娘・東京ブギウギ・憧れのハワイ航路)」〜B「(歌)」川の流れのように〜C「情熱のラテンメドレー(CHACHACHA・MANBO NO.5・カチート・バイモスアバイラール・雨に咲く花・愛の讃歌・ベサメムーチョ・黄色いさくらんぼ・マシュケナダ・MARIA)」〜アンコール「上を向いて歩こう」

【参加人数】150名位   【年齢層】70歳代〜90歳代

【反応1】
  本日は地域の皆さまを対象とした「ひだまりカフェ」というイベントに呼華をお呼びいただき、そこで、普段のショーに、皆様と歌集を見ながらご一緒に歌う「歌声サロン」のコーナーをプラスしての公演でございました。渋谷区に事務所を構えて12年になる呼華ではございますが、まだまだ地元渋谷地域での認知度が低く、今回地域にお住いの高齢者の皆さまとの交流イベントということで、喜んで出演をさせていただいた次第でございます。

【反応2】
 開場いたしますと、地域の皆さまや施設利用者の方など、140名あまりがお集まりくださいました。後方まで立ち見が出るほどの盛況でございました。

【反応3】
  みなさまの拍手の中、まず第1部のショーがスタートいたしました。次々と変わる衣装や懐かしい曲の数々に、会場から大きな拍手が起こりました。上手側二列目花道横の女性の利用者の方は、花道に半分体を出すようにずらして、お歌を大きなお声でご一緒にお歌いくださいました。ラテンのメドレーでは、後方の皆様からも手拍子を頂戴し、愛の讃歌では本日一番の大きな拍手が起こりました。ショーは盛り上がったまま推移し、瞬く間に終演を迎えました。第2部の歌声サロンでは、簡単な体操の後、歌集を皆様にお配りし、皆様と一緒にお歌を歌わせていただきました。2人は若いのお歌では、皆様が「あなた」キャストが「なんだい」と返すなど簡単にデュエット風に歌う演出をつけさせていただき、大いに盛り上がりました。終演後には、呼華のカレンダーをプレゼントさせていただきました 。

【反応4】
  終演後、上手側最前列花道横でご覧下さっていた女性利用者の方より、「時がこのまま止まればいいと思いました。みつめられると胸がどきどきして100歳くらい若返った気分です。ありがとうございました。」と感想をいただき、感謝状を贈呈くださいました。皆様と再会を約し、終演となりました。


 
   
   
     

戻る

  • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
  • 石田純一 未来への貯金
  • 事業内容
  • 活動報告
  • 賛助会員募集

おすすめリンク

  • 劇団呼華
  • ノブレス オブリージュ