ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

活動内容

平成30年 7月25日 施設訪問の模様


 
9時55分〜11時05分
特別養護老人ホーム やまびこ荘

【内容】
 @「(歌舞伎舞踊)日本振袖始八岐大蛇退治」〜A「昭和歌謡メドレー(夜来香・シナの夜・蘇州夜曲・東京ラプソディ・一杯のコーヒーから・銀座カンカン娘・東京ブギウギ・憧れのハワイ航路)」〜B「(歌)」川の流れのように〜C「美空ひばりメドレー(お祭りマンボ・東京キッド・真っ赤な太陽・みだれ髪・悲しき口笛・愛燦燦)」〜D「(シャンソン)ラストダンスは私に」〜E「(ダンス)TheGreatestShow」〜アンコール「上を向いて歩こう」

【参加人数】60名位   【年齢層】70歳代〜90歳代

【反応1】
 事前のお打ち合わせ時に、施設状況をお伺いした際、近隣の住居に対して音の外漏れに注意が必要とのこと。会場にて音響設営を終えたところで施設長様に外に出ていただき、ガラス窓越しに音響の漏れを確認していただきました。その結果、窓の鍵をしっかり閉めてさえいれば音の外漏れは少なく、ほとんど問題ないレベルでの調整が出来ました。そのような時に、ご婦人のご利用者の方がお席を確保されるためにいらっしゃいましたので、(音が大きい調整の曲があるため)少しロビーにてお待ちいただき、開場のための諸準備を急ぎました。

【反応2】
  開場となり、続々とご利用者の、方々がご入場されると、用意された椅子はあっと言う間に満席になってしまい、職員の方が別の階から椅子を用意して更に客席を増やして対応くださいました。お集まりくださった皆様から、とても華やいだ雰囲気が伝わって参りました。「劇場に行けたような気分なの。だから久々にお化粧したの」と綺麗に口紅を塗られていらっしゃるご婦人や、「派手かしら。でもお洒落したくて羽織ってきたの」と華やかな色柄のブラウスをお召しになられていらっしゃる方、派手なアロハシャツをお召しの男性のご利用者の方が並び、出演者一同、ご利用者の皆様が、久しぶりに劇場に出掛けるようなお気持ちに浸っていただけたことを大変嬉しく思いました。

【反応3】
  スターティング演目が始まりますと、皆様しっかりとステージをご覧くださり、一気に会場の温度が上昇するように感じられる程の盛り上がりになりました。三人のキャストで動かす長い大蛇が登場致しますと、「わあっ」という大きな驚きのお声があがり、太刀を持って対峙するスサノオの立ち回りには随所随所で拍手が起こりました。最前列に、施設で最高齢のご婦人のご利用の方がおすわりでいらっしゃいました。こちらの方はキャストに向かい、開演中手を振り続けながらご覧になられていらっしゃいました。その光景がとても微笑ましく思われ、心温まる思いでした。ご利用者の皆様の笑顔と拍手に包まれ、瞬く間に終演を迎えました。

 
   
   
     
 
14時00分〜15時10分
介護老人福祉施設 玉成苑

【内容】
 @「(歌舞伎舞踊)日本振袖始八岐大蛇退治」〜A「昭和歌謡メドレー(夜来香・シナの夜・蘇州夜曲・東京ラプソディ・一杯のコーヒーから・銀座カンカン娘・東京ブギウギ・憧れのハワイ航路)」〜B「(歌)」川の流れのように〜C「美空ひばりメドレー(お祭りマンボ・東京キッド・真っ赤な太陽・みだれ髪・悲しき口笛・愛燦燦)」〜D「(シャンソン)ラストダンスは私に」〜E「(ダンス)TheGreatestShow」〜アンコール「上を向いて歩こう」

【参加人数】70名位   【年齢層】70歳代〜100歳代

【反応1】
  施設に到着致しますと、事前に会場の準備をほとんど整えてくださっており、すぐに準備に取り掛かることが出来ました。

【反応2】
 ご利用者の皆様は、お昼のお食事の後、皆様お部屋にてお待ちになられていらっしゃったようで、開場の時間になりますと一斉にご来場になられ、開場20分前には殆どの皆様がお越しくださいました。そのような状況でしたので、娘役を舞台に一人出して皆様の退屈しのぎに「りんごの歌」「高原列車は行く」をご一緒に歌わせていただきました。ご利用者の皆様はお歌が大好きなご様子で皆様のお声が大合唱となりました。最前列におすわりのご婦人のご利用の方が「私は宝塚歌劇が大好きで、娘時代はよく有楽町に行きました。もう観れないと思っていたのだけれど、今日はここ(施設)にいながらそのような催しが観られるのが本当に嬉しくて、楽しみで昨夜は寝れなかった」と嬉しいお言葉をかけてくださいました。

【反応3】
  開演しますと、ご利用者のはキャスト達を大きな拍手で迎えてくださいました。「すごく本格的な衣装だ」「よく声が伸びるものだ。聴いてて気持ちいい」など、ショーの最中にお言葉が聞こえました。「美空ひばりメドレー」では、ノンストップで続く美空ひばりのヒット曲をご一緒に歌われるお声が大合唱となって会場に響きました。また、美空ひばりの大ファンと思われる、寝るタイプの車椅子にお座りの男性のご利用者の方は、お顔の筋肉が動きづらいとお見受けしておりましたが、美空ひばりのメドレーが始まった途端にお顔がくしゃくしゃになる程に歪めて号泣されたままご覧くださいましたのが感動をいただきました。

【反応4】
  終演後の、皆様と歌わせていただくアンコールでは、先ず一曲、さらにもう一曲お届け致しましてもアンコールのお声が鳴り止まず、劇中で使用した曲から再度「憧れのハワイ航路」をご一緒させていただき、大盛り上がりの中終演致しました。


 
   
   
     

戻る

  • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
  • 石田純一 未来への貯金
  • 事業内容
  • 活動報告
  • 賛助会員募集

おすすめリンク

  • 劇団呼華
  • ノブレス オブリージュ