財団法人健康普及会

    ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

    活動内容

    平成30年12月16日 施設訪問の模様


     
    10時00分〜11時00分
    ウェルケアガーデン久が原

    【内容】
     @「(歌舞伎舞踊)日本振袖始八岐大蛇退治」〜A「昭和歌謡メドレー(夜来香・シナの夜・蘇州夜曲・東京ラプソディ・一杯のコーヒーから・銀座カンカン娘・東京ブギウギ・憧れのハワイ航路)」〜B「(歌)」川の流れのように〜C「美空ひばりメドレー(お祭りマンボ・東京キッド・真っ赤な太陽・みだれ髪・悲しき口笛・愛燦燦)」〜「上を向いて歩こう、高原列車は行く、北国の春、りんごの唄」

    【参加人数】50名位   【年齢層】70歳代〜90歳代

    【反応1】
     こちらの施設様では、トレーニングルームを楽屋として使用させて頂きました。テーブルに手をついてお身体を支えながらご覧いただくご利用者の方のために、会場上手側にはテーブル席もご用意させていただきました。

    【反応2】
      会場致しますと、続々とご利用者の皆様がご来場くださいました。初めは遠慮されて後ろの方にお座りの方にキャストが最前列をお勧めいたしますと、「恥ずかしいけど思い切って前で見るわ。だってこんな機会ないものね。」とお話しくださり、最前列から埋まっていきました。

    【反応3】
      スターティング演目、日本振袖始で、赤姫が登場致しますと、会場からは「おおおすごい!」と歓声が起こり、続く大蛇の登場に、大きな拍手が起こりました。上手側二列目柱横の男性の利用者様は終始笑顔でご覧くださり、手拍子や拍手で応援くださいました。貴杏の問いかけで「昭和歌謡の女王といえば誰でしょう?」のコーナーでは下手側最前列端のご婦人のご利用様からすぐに「美空ひばり!」と大きなお声がかかり、その後の川の流れのようにでは、「上手い!」と嬉しいお声がけをいただきました。皆様の拍手の中、瞬く間に終演を迎えました。

    【反応4】
     終演後のアンコールを利用しての握手タイムでは、下手側最前列端のご婦人のご利用者様から「今まで生きて来た中でこんなに素晴らしいものは見たことがない!きょうは10歳は若返った。ありがたかった」とお話し頂きました。上手側最前列にお座りでいらっしゃいましたご婦人のご利用者様は、終演後お越し下さったご家族様に「すごく良かった。楽しかった。」と笑顔でお話し下さっておりました。


     
       
       
         

    戻る

    • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
    • 石田純一 未来への貯金
    • 事業内容
    • 活動報告
    • 賛助会員募集

    おすすめリンク

    • 劇団呼華
    • ノブレス オブリージュ