ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

活動内容

平成31年 2月27日 施設訪問の模様


 
10時00分〜11時00分
高齢者福祉施設しおん

【内容】
 @「(歌舞伎舞踊)日本振袖始八岐大蛇退治」〜A「昭和歌謡メドレー(夜来香・シナの夜・蘇州夜曲・東京ラプソディ・一杯のコーヒーから・銀座カンカン娘・東京ブギウギ・憧れのハワイ航路)」〜B「(歌)」川の流れのように〜C「美空ひばりメドレー(お祭りマンボ・東京キッド・真っ赤な太陽・みだれ髪・悲しき口笛・愛燦燦)」〜D「(シャンソン)ラストダンスは私に」〜E「(ダンス)The Greatest Showman」アンコール「上を向いて歩こう、りんごの唄」

【参加人数】20名位   【年齢層】60歳代〜90歳代

【反応1】
 施設に到着致しますと、会場としてお借りします食堂では、テーブルが撤去され、客席も並べてくださっておりました。利用者の皆様は、準備の間エントランスや廊下にてお話をされながら、開場をお待ちくださっておりました。音響調整で懐かしいお歌のリハーサルをさせていただきますと、廊下から皆様の歌声が聴こえ、大変嬉しく感じた次第でございました。

【反応2】
  開場いたしますと、前の方の席から皆様がお座りくださいました。舞台メイクをしたキャストの姿を見て「かわいいわね!お人形さんみたい。」「あなたは男役さん?」と様々にお声がけくださり、キャストも「本番では、衣装を沢山着替えて踊りますので、楽しみにしてくださいませね。」とお話させていただいておりました。

【反応3】
  ショーは皆様の拍手の中スタートいたしました。オープニングの日本振袖始では、ヤマタノオロチが退治された場面で大きな拍手が起こりました。続く李香蘭メドレーでは、貴杏が歌いながら花道に入りますと、ご婦人のご利用者様がその手をとり、「私ね、李香蘭見た事があるのよ!日劇で!」とお声がけくださいました。美空ひばりメドレーのお祭りマンボでは、後方の職員様もご一緒に「わっしょいわっしょい!」のかけ声をくださり大変な盛り上がりでございました。皆様の拍手の中瞬く間に終演を迎えました。

【反応4】
  終演後の握手タイムでは、「頂いたポスター、娘に自慢するわ。」「衣装も本格的で本当に劇場に行ったみたいだった。」「川の流れのようにがすごく上手だったよ、泣けてしまった。」など様々にお声がけをいただきました。ご一緒にご覧下さっていたご家族様は、「ボランティアと聞いていたから、こんなに本格的なショーだとは思いませんでした。お金を払ってもこんなのは滅多に見れません。母の表情も全く違ってずっと目がキラキラしてました。本当にありがとうございました。」と大変嬉しいお言葉をいただきました。

 
   
   
     
 
14時00分〜15時00分
特別養護老人ホーム 菅の里

【内容】
 @「(歌舞伎舞踊)日本振袖始八岐大蛇退治」〜A「昭和歌謡メドレー(夜来香・シナの夜・蘇州夜曲・東京ラプソディ・一杯のコーヒーから・銀座カンカン娘・東京ブギウギ・憧れのハワイ航路)」〜B「(歌)」川の流れのように〜C「美空ひばりメドレー(お祭りマンボ・東京キッド・真っ赤な太陽・みだれ髪・悲しき口笛・愛燦燦)」〜D「(シャンソン)ラストダンスは私に」〜E「(ダンス)The Greatest Showman」アンコール「上を向いて歩こう、りんごの唄」

【参加人数】70名位   【年齢層】60歳代〜100歳代

【反応1】
  こちらの施設様は、半年前からご予約を頂いての開催となりました。施設入り口には、「ようこそ呼華さん」という手作りの看板が掲げられており、玄関にも告知チラシを沢山貼ってくださっておりました。職員様より、「利用者さんも、この人達が本当にくるの?ととっても楽しみにしているんです。」とお声がけくださり、大変嬉しく思った次第でございました。こちらの施設は大変大きな施設様で、エントランスホールを利用しての開催となりました。少しでも多くの皆様にご覧いただくため、スタッフルームを一部楽屋としてお借りしての公演となりました 。

【反応2】
  ショーはオープニングの日本振袖始から大変な盛り上がりでございました。お歌がお好きな方が多く、李香蘭メドレーや昭和歌謡メドレーでは、皆様の歌声が合唱のように響いておりました。特に下手側三列目端と、上手側後ろから二列目中央の男性のご入居者様は、マイクを使って歌うキャストに負けない程の朗々としたお声でご一緒にお歌い下さいました。シャンソンリクエストのコーナーでは、サントワマミーをお届けいたしました。下手側最前列花道横のご婦人のご入居者様は、ハンカチで涙を抑えながらご覧くださっておりました。

【反応3】
  終演後、片付けをしていると、「名残惜しいからお見送りしたいわ。」と数名のご利用者の皆様がお残りくださり、キャストとお話しくださいながら別れを惜しんでくださいました。施設を後にする際も、「今日の日を忘れません。またお会いできるのを心待ちにしております。」とお声がけくださいました。皆さまと再会を約し施設を後にいたしました。


 
   
   
     

戻る

  • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
  • 石田純一 未来への貯金
  • 事業内容
  • 活動報告
  • 賛助会員募集

おすすめリンク

  • 劇団呼華
  • ノブレス オブリージュ