財団法人健康普及会

    ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

    活動内容

    平成31年 3月28日 施設訪問の模様


     
    14時00分〜15時05分
    特別養護老人ホーム クレイン

    【内容】
     @「(歌舞伎舞踊)日本振袖始八岐大蛇退治」〜A「昭和歌謡メドレー(夜来香・シナの夜・蘇州夜曲・東京ラプソディ・一杯のコーヒーから・銀座カンカン娘・東京ブギウギ・憧れのハワイ航路)」〜B「(歌)」川の流れのように〜C「美空ひばりメドレー(お祭りマンボ・東京キッド・真っ赤な太陽・みだれ髪・悲しき口笛・愛燦燦)」〜D「(シャンソン)ラストダンスは私に」〜E「(ダンス)The Greatest Showman」アンコール「上を向いて歩こう、りんごの唄、すみれの花咲くころ」

    【参加人数】40名位   【年齢層】70歳代〜100歳代

    【反応1】
     施設到着時にはまだ多くのご利用者の方がお食事の後お残りでいらっしゃいましたが、楽屋としてお借りするスペースをすぐにご用意してくださったので搬入させていただき、出来る準備を進めさせていただきました。並行して職員様がご誘導にあたってくださり、会場のテーブルも運び出してくださいましたので、会場の準備は瞬く間に完了致しました。ご利用者の方々はすでに準備段階から客席にお座りの状況でしたので、音響調整まを開始する際、驚かせてしまわない様、季節の唱歌を歌わせていただくところから開始させていただきました。春にちなんだ歌「早春賦」「朧月夜」は大合唱となりました。また、開演前にキャストが一人舞台に出て「りんごの歌」を歌わせていただいてからショーが開演致しましたので、ご利用者の皆様は次々に流れる懐かしいお歌をご一緒に楽しみながら観ていただくことができました。随所随所のタイミングで拍手や手拍子をいただき、熱気に包まれた中でショーは推移してゆきました。アンコールのお声と拍手が鳴り止まず、急遽「すみれの花咲く頃」をお届けさせていただきました。終演後の握手タイムでお側に行かせていただくと、少女時代に宝塚をご覧になった事を思いだされ生き生きと語ってくださる方や、涙流されながら、戦友と歌った歌の思い出をお話しくださる方もいらっしゃりこちらが感動をいただいた公演でございました。

     
       
       
         

    戻る

    • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
    • 石田純一 未来への貯金
    • 事業内容
    • 活動報告
    • 賛助会員募集

    おすすめリンク

    • 劇団呼華
    • ノブレス オブリージュ