ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

活動内容

平成25年 2月 7日 施設訪問の模様


 
10: 00 〜
上中里つつじ荘

【内容】
「天空の世界」〜「りんごのひとりごと」「里の秋」〜
フランス・パリからのそよ風 〜「for you」「影を慕いて」〜
お芝居「源義経 小矢部川の渡し編」〜
フィナーレ「幼き日の夢・ファンタスティック・ドリーム」

【参加人数】70名位   【年齢層】60歳代〜90歳代

【反応1】
大変多くの方にお集まりいただきました。職員の方より、年代の幅や、認知症の進行度合いなどが様々であることを心配される言葉を聞いておりましたので、予め開演前にキャストで皆様に楽しんでいただけるよう、できる限り客席を使用し、なるべく全員の利用者の方々と視線を合わせてゆく様注意を払おうと打ち合わせをし、ショーを開始いたしました。まず、オープニングダンスの後に行われる男役2名によるトークでは、花道だけでなくサイドの誘導スペースにも入って多くの方と目を合わせながら言葉を投げかけるようにいたしました。その効果があってか男役が黒の燕尾服を着てきどって笑顔を振りまきますと、「まぁ、素敵な男役さん。」と手を振ってくださる方、差し出した手を握ってきてくださる方など、コミュニケーションを図ることが出来ました。終演後、ショーの間硬い表情をされていた女性の利用者の方に「ご存じの歌はありましたか?お芝居はいかがでしたか?」とお話してみますと、声を出される代わりに、両手でキャストの手を包み込み、何度も頷いてくださいました。
 
   
   
     
 
14: 00 〜
えびすの郷

【内容】
「天空の世界」〜「りんごのひとりごと」「里の秋」〜
フランス・パリからのそよ風 〜「for you」「影を慕いて」〜
お芝居「源義経 小矢部川の渡し編」〜
フィナーレ「幼き日の夢・ファンタスティック・ドリーム」

【参加人数】70名位   【年齢層】60歳代〜90歳代

【反応1】
こちらの施設は、特に歌の演目を大変喜んでいただきました。「りんごのひとりごと」「里の秋」唱歌2曲は、幼い頃の思い出と共に歌を口ずさまれているようで、皆様優しい表情で口ずさまれ、またリズムに合わせて身体を横に揺らしたり、両手で優しく拍子を取る方の姿を多く見受けました。「for you」は最近の歌ではありますが、男役が思いのたけを込めて歌う姿に、両手を上に持ち上げ手を振って喜ばれる利用者の方がいらっしゃいました。歌の盛り上がり部分では一斉に拍手が起こる程客席が沸き、報告者もそのような素晴らしい状況に驚いた次第です。男役が客席に入って行きますと、「来てくれてありがとう。」という言葉と共に握手を求めて来てくださいました。続いて「影を慕いて」を歌い始めますと、打って変わって会場の空気は静まり、目を閉じてしみじみと聞いていらっしゃる方、ゆっくりと頷きながら口ずさまれる方など、曲目毎に楽しんでいらっしゃるご様子でした。終演後のアンコールとして「憧れのハワイ航路」を披露いたしますと、こちらは大合唱になるほどに大変盛り上がりました。いくつか歌を披露させていただきましたが、皆様の反応を拝見し、その反応の違いが長期記憶を様々に刺激した効果と確認出来た次第でした。
 
   
   
     

戻る

  • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
  • 石田純一 未来への貯金
  • 事業内容
  • 活動報告
  • 賛助会員募集

おすすめリンク

  • 劇団呼華
  • ノブレス オブリージュ