財団法人健康普及会

    ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

    活動内容

    平成26年 11月27日 施設訪問の模様


     
    10時00分〜11時10分
    特別養護老人ホーム和心(なごみ)

    【内容】
     「(日舞・新作振付)ファンタジックワールドオブスノー」〜「(歌)君の名は・港が見える丘」〜
     「魅惑のメドレー」〜「(歌)黒い花びら・星は何でも知っている」〜お芝居「昭和片田舎任侠伝」〜
     「(日本舞踊)黒田節」〜フィナーレ「(ダンス)熱風」〜
      〜アンコール「(歌)東京ラプソディー」、
     「(歌)上を向いて歩こう」、「(歌)憧れのハワイ航路」

    【参加人数】40名位   【年齢層】70歳代〜100歳代

    【反応1】
     施設に到着し、会場となります二階食堂に入りますと、まだ十数名のご利用者の方がお食事をされていらっしゃいました。コーヒーを飲まれながら、「あら、素敵なメイクね、宝塚かしら。」とお話しされ、こちらの食堂が会場になると職員の方よりご案内があると、「じゃあ、すぐに戻って席を取らなきゃ。」と皆様ご自分でお部屋へ移動されたりとお元気な方が多いご様子でした。

    【反応2】
     音響調整も問題なく進み、会場となりました。施設到着時にご挨拶させていただいたご利用者の方の中には、華やかなブラウスに着替えてご来場下さる方もいらっしゃいました。下手側二列目花道横の女性のご利用者の方は「若い頃、ターキーさん(水の江滝子)のフアンでね、浅草の近くに住んでたからよく通ってたのよ。」と早速キャストとの会話が弾んでおりました。

    【反応3】
     ショーは皆様の大きな拍手と歓声でスタート致しました。『港が見える丘』では、キャストと一緒に歌われる方が多く皆様のお声が合唱の様に会場に響いておりました。上手側最前列に車椅子でご来場の女性のご利用者の方はキャストの衣装や歌った歌をメモに取りながらご覧になっていらっしゃいました。貴杏が男役で登場致しますと、会場からは歓声が起こり、衣装から落ちた紫の羽根を拾われ、大事そうに胸のポケットにしまわれるご利用者様の姿もありました。皆様の歓声に包まれ瞬く間に終演となりました。

    【反応4】
     アンコールの際、ご家族に支えらながら遅れてご来場された男性のご利用者の方がいらっしゃいました。「おー!すごいな!」と歓声をあげられ、アンコールの間、椅子を勧められても立ち上がったままお歌を歌われていらっしゃいました。ご家族の方から「気難しい父だったので、こんなに笑っているのを見たことがありませんでした。もっと早く連れて来れば良かった、また是非来て下さい。」とお言葉を頂きました。

     
       
       
         
     
    14時30分〜15時20分
    特別養護老人ホーム さつき

    【内容】
     「魅惑のメドレー」〜「(歌)黒い花びら・星は何でも知っている」〜お芝居「昭和片田舎任侠伝」〜
     「(日本舞踊)黒田節」〜フィナーレ「(ダンス)熱風」〜
      〜アンコール「(歌)東京ラプソディー」、
     「(歌)上を向いて歩こう」、「(歌)憧れのハワイ航路」

    【参加人数】80名位   【年齢層】70歳代〜100歳代

    【反応1】
     施設に到着致しますと職員の方が食堂の机を移動して下さっており、その間、エントランスには多くのご利用者の方が開場を待たれておりました。キャストが机の移動をお手伝いし、エントランスにいらっしゃいますご利用者の方にご挨拶させていただきながら荷物の搬入をさせていただきました。ご挨拶をするキャスト達の様子をぼんやりとご覧になられる方が多く、担当の職員の方に相談させていただき、ご利用者の方のご様子から、メニューを変更し、懐かしいお歌をより多くお届けさせていただく事に致しました。

    【反応2】
     音響調整も問題なく進み開場となりました。下手側に入所の方、上手側にデイサービスの方のお席を職員の方がご用意下さいました。開演10分程前から続々とご利用者の方がお集まりになられました。

    【反応3】
     娘役が『郷の秋』『月がとっても青いから』を皆様とご一緒に歌わせていただき、開演となりました。後方の列の空席も、この間に埋まり会場は満員の状態となりました。メドレーでうさぎ役のキャストが登場致しますと、上手側のご利用者の方が指差しをされながら笑い声をあげられました。来館時エントランスにいらっしゃいましたご利用者の方々も、だんだんと表情が明るくなり、口ずさまれたり、キャストの動きに合わせて手踊りをされたりと、来場時のご様子との皆様の変化はこちらが驚く程でございました。男役のお歌で貴杏が客席に入りますと、多くのご利用者の方が握手を求めて手を伸ばされ、合掌をされながら涙を流される方もいらっしゃり、そのお姿は感動的でございました。お芝居では客席から大きな笑い声が起こり、続く黒田節、エンディングダンスも会場から拍手と歓声を頂き、終演となりました。

    【反応4】
     終演後の握手タイムでは、下手側3列目の車椅子の女性のご利用者の方から「このようなところで、もう舞台は見れないと思っていた。本当に夢のようなひと時でした。」とお言葉をいただきました。キャストが荷物を搬出する際も「ありがとう。」「また来てね。」とのお言葉を皆様にかけていただきました。

     
       
       
         

    戻る

    • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
    • 石田純一 未来への貯金
    • 事業内容
    • 活動報告
    • 賛助会員募集

    おすすめリンク

    • 劇団呼華
    • ノブレス オブリージュ