財団法人健康普及会

    ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

    活動内容

    平成27年 3月29日 施設訪問の模様


     
    10時00分〜11時15分
    第二万寿園

    【内容】
     「(日舞・新作振付)ファンタジックワールドオブスノー」〜「(歌)君の名は・港が見える丘」〜
     「魅惑のメドレー」〜「(歌)黒い花びら・星は何でも知っている」〜お芝居「昭和片田舎任侠伝」〜
     「(日本舞踊)黒田節」〜フィナーレ「(ダンス)熱風」〜
      〜アンコール「(歌)東京ラプソディー」、
     「(歌)上を向いて歩こう」、「(歌)憧れのハワイ航路」

    【参加人数】90名

    【反応1】
     会場となる多目的ホール前のロビーにいらっしゃる女性のご利用者の方がキャストをお出迎えくださり「こんな方達にお会いできるなんて、普段華やかな物とは縁遠いから、とても嬉しいわ。」とお話しくださいました。

    【反応2】
     本日は90名様近い皆様にご覧いただくため、客席後方ではステージを見づらい席が出来てしまいます。そのため、花道を深く取り、キャストもなるべく花道に入り演技をするようにと対応させて頂きました。

    【反応3】
     その効果もあってか、開演致しますとキャストが登場する度に歓声が起こるなど、大変な盛り上がりで、後列のご利用者の方も客席へ入ったキャストに手を伸ばして握手を求めて下さいました。貴杏が男役で登場する頃にはすっかり会場の雰囲気も柔らかくなり、「かっこいい!」「頑張って!」とのお声が客席からかかるようになりました。続くお芝居、日本舞踊も皆様が拍手や掛け声などで応援下さり、盛り上がった雰囲気のまま終演となりました。

    【反応4】
     最後列花道突き当たりにお座りの女性のご利用者の方は開演前に「こんな顔で恥ずかしいわ。」とキャストと目を合わしお話することを拒まれていた方でした。ショーは終始ご一緒に歌われたり、手拍子を下さったりとお楽しみのご様子でしたので、終演後再度キャストがご挨拶に伺うと、「頬の傷の痛いのを忘れて今日は本当に楽しみました。本当に良い記念になりました。」と握られたキャストの手をゆっくりと傷のある左手の頬に当てられ笑顔を見せてくださいました。胸の熱くなる思いでございました。

     
       
       
         
     
    14時30分〜15時45分
    特別養護老人ホーム ハトホーム

    【内容】
     「(日舞・新作振付)ファンタジックワールドオブスノー」〜「(歌)君の名は・港が見える丘」〜
     「魅惑のメドレー」〜「(歌)黒い花びら・星は何でも知っている」〜お芝居「昭和片田舎任侠伝」〜
     「(日本舞踊)黒田節」〜フィナーレ「(ダンス)熱風」〜
      〜アンコール「(歌)東京ラプソディー」、
     「(歌)上を向いて歩こう」、「(歌)憧れのハワイ航路」

    【参加人数】150名位   【年齢層】70歳代〜100歳代

    【反応1】
     施設に到着致しますと、会場となります食堂は会場の準備が整えられており、職員の皆様が床も綺麗に掃除して下さっていました。こちらの施設様は、ご利用者様の人数がかなり多いことから、楽屋準備や音響調整を急いでなるべく早く誘導いただだける様にしようと一同気持ちを引き締め直しました。

    【反応2】
     準備の段階から、食堂の外には本日の公演を楽しみにされていたとお見受けするご利用者の方の長い列が出来ており、感激致しました。音響調整もスムーズに終了致しまして、会場のご連絡をさせていただきますと、皆様続々とお集まりになられ、客席の椅子が瞬く間に埋まってしまいました。広い会場で、大人数のご利用者の皆様に観ていただくため、今回は花道を二本作らせていただき、後方でご覧になられる方々の近くまで行ける様に工夫させていただきました。

    【反応3】
     ショーは、皆様の歓喜の声で開演致しました。スターティング演目は、皆様真剣な眼差しでしっかりとステージをご覧になられ、大きな拍手を送ってくださいました。続く歌の演目でも、皆様の大きな声と、手拍子の音が響き会場が一体なったような盛り上がりの中でショーが推移してゆきました。次の演目のために去ろうとする貴杏あずまを呼び止められ、アンコールを求められる男性のご利用者の方にお答えし、急遽「影を慕いて」の1番をお届けする一幕もございました。貴杏とともに涙を流されながら一生懸命にお歌いにならるるこちらの男性のご利用者の方は、終演後98歳とお伺いし、報告者が、大変驚いた次第でした。

    【反応4】
     施設を後にする際も、窓を開けられたり、お部屋のベランダに出られて私達の車が見えなくなるまで手を別れを惜しみながらお見送りくださるご利用者の方の姿に感動をいただきました。


     
       
       
         

    戻る

    • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
    • 石田純一 未来への貯金
    • 事業内容
    • 活動報告
    • 賛助会員募集

    おすすめリンク

    • 劇団呼華
    • ノブレス オブリージュ