財団法人健康普及会

    ホーム > 活動報告 > 施設訪問の模様

    活動内容

    平成28年 4月 2日 施設訪問の模様


     
    10時00分〜11時15分
    特別養護老人ホーム柿生アルナ園

    【内容】
     @「映画音楽メドレー(踊り明かそう、さよならはダンスの後に、黒いオルフェ、ダイヤモンドは女の親友、ラヴィアンローズ、南太平洋バリハイ、シェルブールの雨傘、慕情、シングシングシング」〜
     A「(芝居)映画の撮影だよ、おっ母さん」
     B「(日本舞踊)古城」〜
     C「(日本舞踊)連獅子」〜
     D「(ダンス)火の鳥」〜
     〜アンコール「東京ラプソディー、上を向いて歩こう、憧れのハワイ航路」

    【参加人数】80名位   【年齢層】70歳代〜100歳代

    【反応1】
     施設に到着致しますと、職員の方がすでに荷物運搬のために台車を玄関にご用意下さっており、すぐに荷物を運搬させていただくことが出来ました。お手伝いをいただきながら会場を作らせていただきましたが、車椅子のご利用者の方が多いとのこと、少しでも客席を広く取れる様にエレベーターホールの一部を楽屋スペースにいただき、楽屋を出来るかぎり狭く設置致しました。その後諸準備をしていますと、車椅子の男性のご利用者の方が「楽しみに待っていましたよ。一週間前から聞いていて、皆楽しみにしています」と笑顔でお伝え下さいました。

    【反応2】
     音響調整をはじめますと、お二人の女性のご利用者の方がいらっしゃいました。一人のご利用者の方が、もう一人のご高齢のご利用者の方の車椅子を押していらっしゃり、とても仲良しでいらっしゃるご様子が伝わって参りました。車椅子の方が「一番前の真ん中で見たいの」と仰られましたので、並べてある椅子を避けて車椅子が入れる様にご誘導致しました。もうお一方も、「一緒に並びましょうね。もう座っていても良いかしら」とお聞きになられたので、勿論ですとお答え致しましたら、笑顔でお隣のお席にお座りになりました。その後の音響調整の間もご一緒に歌を口ずさまれたり、拍手を送ってくださりして開演までのお時間をお過ごしになっていらっしゃいました。開演前にお集まりの皆様に、退屈されない様、娘役が出て唱歌を歌わせていただきました。「早春賦」「みかんの花咲く丘」をお届けさせていただきましたが、涙を拭いながら聞いて下さるご利用者の方も多く、こちらが大変感激をいただきました。

    【反応3】
     ショーは皆様の大きな拍手に包まれて始まりました。前述のご利用者の方も、踊りの途中でも「きれいよ」と箇所箇所で拍手を送ってくださり、熱気から会場の温度が上昇する程の盛り上がりでした。車椅子のご利用者の方が多く、またお体の状態的にもお声が出にくいご様子の方も多く見受けられましたが、皆様車椅子から身を乗り出す様にされてステージをご覧になり、一生懸命キャストと歌を歌おうとされる方が多くいらっしゃり、そのお姿に感涙の思いでございました。


     
       
       
         

    戻る

    • 財団法人健康普及会の福祉活動をダイジェスト動画でご覧いただけます。
    • 石田純一 未来への貯金
    • 事業内容
    • 活動報告
    • 賛助会員募集

    おすすめリンク

    • 劇団呼華
    • ノブレス オブリージュ